Help us understand the problem. What is going on with this article?

Power Virtual Agents で、入力された文章の感情を分析するBotをノーコードで作成する!

Power Virtual Agents はノーコードでBotを作ることができるサービスです。
また、先日のアップデートで、Teams内に限り、無償で利用することができるようになりました!

Power Virtual Agents は Power Automate とも連携できます。

というわけで、早速 Power Virtual Agents で Bot を作っていきましょう。

Power Virtual Agents を作ってみる

Microsoft Teams のメニューから、Power Virtual Agents を開きます。

image.png

今すぐ始めるをクリックします

image.png

Botを作成する先のチームを選択します

image.png

ボット名を指定して作成します。

image.png

しばらく待ちます

image.png

作成が完了するとこのような表示になります。

image.png

トピックに移動し、新しいトピックを作成します

image.png

名前と、コールするトリガーフレーズを指定し、キャンパスの作成に移動する

image.png

ここで、ノーコードでBotの流れを定義することができます

image.png

とりあえずここまで指定し、保存しておきます

image.png

感情分析のフローを作成する

アクションを呼び出すを指定します

image.png

フローの作成をクリックします

image.png

Power Virtual Agents Flow Template を指定します

image.png

入力の追加でテキストを追加します

image.png

image.png

アクションを追加します

image.png

テキスト分析から感情の検出(v2)をクリックします

image.png

感情の検出にて、Power Virtual Agents トリガーの入力をdocuments テキストに指定し、言語をjaに設定します

image.png

documents ID に以下の式を指定します。

guid()

image.png

数値の書式設定の番号にて、以下の式を指定します。

mul(first(outputs('感情の検出_(V2)')?['body/documents'])?['score'],100)

image.png

出力の追加でテキストを追加します

image.png

image.png

テキストはrtn という名称にし、値に、書式設定された数値を指定します

image.png

名前を付けて保存します

image.png

アクションを組み込む

アクションを呼び出すを指定します

image.png

先ほど作成したフローを選択します。

image.png

フローの入力に割り当てる変数を設定します

image.png

メッセージを表示するを指定します

image.png

メッセージの内容を以下のようにします

image.png

変数は、以下のように変数アイコンをクリックすると挿入することができます

image.png

調査を終了するを選択し、トピックを終了します。

image.png

テストをしてみよう!

実際にテストをしてみて、問題なく動作するか確かめてみましょう!
こんな感じになれば正解です!

image.png

Teams に公開

トピック画面までに戻ると公開ボタンがあるので、そちらをクリックします
image.png

公開を押します
image.png

作成したボットをTeams上で使用することができます。
image.png

まとめ

いかがでしたか?
感情分析を行うBotを、まったくコーディングすることなく簡単に作ることができるようになりました!
このBotはただ数字を表示しているだけですが、数字を元に分岐をさせて、表現をより人間らしくすることも簡単にできます!
ぜひ、みなさんも Power Virtual Agents と Cognitive Services を活用して、素晴らしいボットを作ってみてはいかがでしょうか\( 'ω')/

rnakamuramartiny
No Bike(Motorcycle) No Life! バイクをこよなく愛する中年エンジニアです。 福岡市を中心にクラウド製品コンサルを主にやってます。 本Qiitaではそれらに携わることで出てきた問題点やその解決法などを共有できたらなぁと
http://sentreseau.com
sentreseau
お客様の業務に最適なDXソリューションをご提案しています。
http://sentreseau.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away