Posted at
kintoneDay 7

Excel で Kintone アプリ情報取得

More than 3 years have passed since last update.


Kintone レポートツール (KReport)でアプリ情報取得

項目設定を一個づつ開いてフィールドコードを調べるのは、面倒ですよね。

こんな人にお勧めです。

・Kintone アプリの一覧がほしい人

・Kintoneアプリのフィールドコードをよく調べる人

・アプリ開発時のエビデンスのため、よくデータ取得をする人


日報アプリのフォーム設計情報

Kintone REST API フォーム設計情報から、こんなシートを作成できます。

Excel VBA のツールですが、Kintone アプリ開発時に便利な機能を持っています。

シェアウェアで 1ケ月間の試用期間があるのでとりあえずお試し出来ます。

動作環境は、Windows Excel2013、Excel2016 です。

Vector Kintone レポートツール


KReport ログイン

対象のKintone サイトを指定してログインします。

過去に指定したサイトはリストから選択出来ます。


アプリの一覧を取得。

アプリ名の一部を指定して、検索できます。

※アプリ一覧は、「_APP_List」シートに設定されます。

既定で「_APP_List」シートは、非表示になっていますが、シートの再表示で表示出来ます。


フォーム設計情報の取得

APP情報取得ボタンクリックで、フォーム設計情報を取得。

作成先のシートは、「"F_" + アプリ名」になります。

「シート上書」の指定を外すとシートが追加され、「"F_" + アプリ名+(n)」になります。

フィールドコードの変更チェックや初期値設定チェックに有効です。


アプリのデータ検索

アプリを選択して、検索実行。 検索条件にAPIの query 条件を指定することも出来ます。

作成先のシートは、「アプリ名」になります。

「シート上書」の指定を外すと検索毎にシートが追加され、シート名は「アプリ名+(n)」になります。

検索結果の表示

対象サイトと出力時刻が表示されるのがテスト結果取得時に便利です。

テーブル項目は、全行分json文字列のまま1セルにセットしています。

テーブル行の表示方法にいいアイデアが思い浮かばなくて、そのままにしています。


最後に

Kintoneでは、アプリ情報を取得することが以外と面倒ですので、お役に立てれば幸いです。