Help us understand the problem. What is going on with this article?

UE4.22にインポートしたスケルタルメッシュがモバイルで表示されないときの対策

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Blenderで作成したキャラクターをUE4にスケルタルメッシュとしてインポートしてOculusQuestで見ようとしたら表示されない!調べてみたら英語情報は見つかったけど日本語情報が見つからなかったのでメモ書きとして残します。

発生した問題

表示したいスケルタルメッシュはこれ。UE4のビューポートでは問題なく表示されている。
image.png
けど、OculusQuestでは表示されない・・・。
image.png

Mobile Previewerを使ってみる

Unreal Engine 4 ドキュメント Mobile Previewer

選択されたモバイル プラットフォームに応じて UE4 Editor 内でゲームのプレビューをする機能です。

描画レベルをプレビュー > Android ES2 にするとエディタ上でも表示されなくなった。まずはこのプレビュー状態で表示されることを目指す。
image.png

アウトプットログに表示されていた警告

LogSkinnedMeshComp: Warning: SkeletalMesh ****, is not supported for current feature level (ES2) and will not be rendered. NumBones 18 (supported 75), HasExtraBoneInfluences: true

(警告:SkeletalMesh ****は、現在の機能レベル(ES2)ではサポートされていないため、レンダリングされません。)

警告の内容を検索したらUE4 ANSEWRHUBで見つかった情報

Skeletal mesh is not visible in mobile preview after updating to UE4.21

この情報を参考にやってみた。

Android ES2プレビューのままスケルタルメッシュを開くとここでもメッシュが表示されない
before.png

アセット詳細 > LOD 0 > LOD Info > Reduction Settings
Percent of Trianglesを0.99に変更しRegenerate LODを押す
image.png

「はい」を押す
image.png

表示された!!
image.png

OculusQuestでも表示された!!
com.YourCompany.BP_VRStudy0814-20190820-000249.jpg

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした