HTML
Chrome
Markdown

Google Chrme拡張機能のエディタ

みなさん、こんな場面に出くわしたことはありませんか?

  • Chromebookを使ってテキストコードを編集したい

  • 諸事情によりVim, Atom, SublimeText等をインストールすることができない。しかしChromeは自由に使える。

まあ、そんな人はあまり居ないと思いませんが、Chromebookでよさ気なエディタを探したので記事にまとめてみました。

とはいえ、自分のChromeに入れておくと、出先のChromeしか無い環境にログインした時に使えたりするので便利です。

今回紹介するエディタは以下の3つです

  • Caret
    高機能で汎用的なエディタ
    SublimeTextに近い感じ
    01_caret.png

  • Text
    シンプルさが売り
    02_text.png

  • Web Maker
    Webサイト作成に特化したエディタ
    リアルタイムプレビューに対応している
    Markdownにも対応している
    03_web_maker.png

比較

テーマ変更

Caret Text Web Maker
約40種 3種 約50種

タブ

Caret Text Web Maker
×

Textはタブではなく、履歴が左のパネルに表示される

ツリービュー

Caret Text Web Maker
× ×

ショートカットのカスタマイズ

Caret Text Web Maker
× ×

フォント設定

Caret Text Web Maker
サイズのみ

タブ文字/改行文字表示

Caret Text Web Maker
×

日本語化

Caret Text Web Maker
× ×

Caretでは、メニュー等のラベルを定義したファイルを編集することで可能

vimキーバインド

Caret Text Web Maker
×

シンタックスハイライト

type Caret Text Web Maker
Markdown
html
css
javascript
shell script ×
python ×
ruby ×

その他

検索バーにdata:text/html, <html contenteditable>と入力することで、素のChromeでもテキストを編集できます。
変態向けですね。

まとめ

コード書くならCaret、markdown程度でいいならtextも選択肢に入るという感じでしょうか。

他にもいいエディタがありましたら、コメントいただけると幸いです。