Help us understand the problem. What is going on with this article?

Intel ME Firmwareをアップデートする方法

More than 1 year has passed since last update.

発端

自作PCで「電源OFFからの起動はできるが再起動できない」という問題があり、
BIOS更新や様々な方法を試みましたが、解決できないでいました。
同様の症状の方がいないかと調べたところ以下のような記事を発見しました。

しかし、Intel ME Firmwareを更新してみても再起動できない問題は解決しませんでした・・・・
ただ、Intel ME Firmwareの更新に関する記事があまりなかったので覚書としてまとめることにします。

[2017/11/26追記]
P8H77-M PROのBIOSを最新バージョン(1505)にアップデートして使用していましたが、以下の記事を読んでBIOSのバージョンを1401に戻すと再起動不可能な問題は解決しました。
Asus P8H77-M PRO のBIOSアップデートでWindows7が再起動しなくなる

Intel MEとは

最近のすべてのIntelプラットフォームのマザーボードに搭載されている
リモート管理専用プロセッサ(ME: Management Engine)のこと。
マザーボード上にCPUとは別の組み込みプロセッサとして搭載されている。
このMEを利用することによって、CPUなどの電源が切れている環境であっても
リモート操作や電源操作などが可能になっている(AMT: Intel Active Management Technology)。

参考資料

Intel ME Firmwareのアップデート方法

ファームウェアのダウンロード

該当するマザーボードのファームウェアを以下から選ぶ。

Management Engine Interface (MEI)/Firmwares

今回はH77なのでIntel ME Firmware Version 8.1.65.1568 (1.5Mo)を選択

使用するコマンド

コマンド 説明
MEInfo MEファームウェアのバージョン情報などを出力するコマンド
FWUpdLcl ファームウェアアップデート用のコマンド

FWUpdlcl、およびMEInfoコマンドは、ファームウェアに同梱されている場合もあるが、
同梱されていない場合は下記からマザーボードに該当するバージョンを選ぶ。

Management Engine Interface (MEI)/Utilitaire

MEInfoコマンド

現在のBIOSやMEファームウェアのバージョン情報などを出力するコマンド。
一部の情報は、コマンドプロンプトを管理者として実行していないと出力されない。

実行結果
>MEInfoWin.exe

Intel(R) MEInfo Version: 8.1.56.1541
Copyright(C) 2005 - 2014, Intel Corporation. All rights reserved.

GBE Region does not exist.
Intel(R) ME code versions:

BIOS Version:                           1505
MEBx Version:                           Not available
Gbe Version:                            Unknown
VendorID:                               8086
PCH Version:                            4
FW Version:                             8.1.51.1471
UNS Version:                            Not Available
LMS Version:                            Not Available
MEI Driver Version:                     11.0.5.1189
Wireless Hardware Version:              Not Available
Wireless Driver Version:                Not Available

<以下省略>

現在のMEファームウェアのバージョンは8.1.51.1471が入っている。

FWUpdLclコマンド

現在のファームウェアをバックアップ

念のため、 以下のコマンドを実行し現在のファームウェアをバックアップする(xxxxは任意)。

FWUpdLcl.exe -SAVE xxxx.bin
実行結果
>FWUpdLcl.exe -SAVE xxxx.bin

Intel (R) Firmware Update Utility Version: 8.1.40.1456
Copyright (C) 2007 - 2013, Intel Corporation.  All rights reserved.


STATUS: restore point operation success.

MEファームウェアをアップデート

>FWUpdLcl.exe -f ファームウェアファイル(.binファイル)

以下の様になれば成功

実行結果
>FWUpdLcl64.exe -f ..\ME8_1.5M_Production.bin

Intel (R) Firmware Update Utility Version: 8.1.40.1456
Copyright (C) 2007 - 2013, Intel Corporation.  All rights reserved.

Communication Mode: MEI
Checking firmware parameters...

Warning: Do not exit the process or power off the machine before the firmware update process ends.
Sending the update image to FW for verification:  [ COMPLETE ]

FW Update:  [ 100% (Stage: 19 of 19) (|)]
FW Update is complete and a reboot will run the new FW.

ちなみに、マザーボードに合わないバージョンを指定した場合以下のようなエラーになる。

実行結果
>FWUpdLcl.exe -f ..\81651568.bin

Intel (R) Firmware Update Utility Version: 8.1.40.1456
Copyright (C) 2007 - 2013, Intel Corporation.  All rights reserved.

Communication Mode: MEI
Checking firmware parameters...

Warning: Do not exit the process or power off the machine before the firmware update process ends.
Sending the update image to FW for verification:  [ COMPLETE ]

FW Update:  [ 15% (Stage: 4 of 19) (-)]
Error 8741: FW Update Failed.

Error 8706: Firmware update not initiated due to integrity failure or invalid FW image

アップデートされているか確認

MEInfoコマンドを実行して確認する。

実行結果
>MEInfoWin.exe
<中略>
FW Version:                             8.1.65.1586
<以下省略>

UEFI BIOS画面でもアップデートされていることを確認できた。
BIOS_MEF_Update.png

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away