GitHub
TravisCI
Swift
fastlane
Danger

SwiftのプロジェクトにDanger入れてみた

More than 1 year has passed since last update.

参考

Dangerで効率よくPR駆動開発 | Recruit Jobs TECHBLOG
https://techblog.recruitjobs.net/development/danger_driven_development
ashfurrow/danger-swiftlint: A Danger plugin for SwifLlint.
https://github.com/ashfurrow/danger-swiftlint
Danger - Reference
http://danger.systems/reference.html
Dangerで始めるPull Requestチェック自動化 - コネヒト開発者ブログ
http://tech.connehito.com/entry/danger

使うもの

Danger
Fastlane
TravisCI
Github

本題

TravisCI,Fastlane,Swiftlintについては使える前提でいきます。

Gemfile

Gemfileに以下を追記

Gemfile
gem 'danger'

bundle update適宜してください。

.travis.yml

.travis.ymlに以下を追記

.travis.yml
before_script:
  - bundle exec danger

まぁ、タイミングはいつでもいいですが bundle exec danger すればOKです。

Travis環境変数の設定

GithubのAPITokenをDANGER_GITHUB_API_TOKENという環境変数として登録します。

以下にアクセスしてTokenを発行してください。
https://github.com/settings/tokens

※Scopeは以下のようにrepoにチェックをいれればOKです。
スクリーンショット 2017-11-29 16.46.44.png

そして、TravisのSettingsのEnvironment VariablesにTokenを追加します
https://travis-ci.com/

スクリーンショット 2017-11-29 16.48.53.png

Dangerfile

最後にDangerfileを作成します。
プロジェクトルートにDangerfileを作成

Dangerfile
# PRのタイトルに[WIP]が含まれていれば編集中コメントをする
warn("このPRは編集中のようだ...") if github.pr_title.include? "[WIP]"

# 修正内容が500行を超えていたらコメントをする
warn("このPR修正しすぎ :sob: :sob: :sob:") if git.lines_of_code > 500

# PRで修正した範囲だけswiftlintでチェックしてコメントする
github.dismiss_out_of_range_messages
swiftlint.config_file = '.swiftlint.yml'
swiftlint.lint_files inline_mode: true

# PRのブランチ名にチケットNoが含まれていればチケットのURLをコメントする
match = github.branch_for_head.match /redmine(\d+)/
message "Redmine Ticket: <a href='https://example.com/issues/#{match[1]}'>##{match[1]}</a>" if match

※上記は適宜修正してください。

あとはPRを出したらDangerが勝手にチェックしてくれます