Help us understand the problem. What is going on with this article?

git pull した時間を知りたい

More than 1 year has passed since last update.

git pull した時間を知りたいことってよくあるのですが、意外と調べても出てこなかったのでメモ
「そんなもん変更されたファイルのタイムスタンプ見ればいいじゃん」ということでみんなわざわざ書いてないのかもしれません
たしかに
git log --stat
とでもして変更されたファイルを調べて、そのファイルのタイムスタンプを見れば git pull された時間はわかります
しかし、 pull された後に誰かがいじってるかもしれないし、 pull したときに何もファイルは変更されなかったけど、 pull を実行した時間は知りたいとかいう時もないわけではないし、スクリプトで自動的に取得したいこともあるわけです
そんなときは FETCH_HEAD ファイルのタイムスタンプを見ましょう
ls -l .git/FETCH_HEAD
取得した日時をスクリプトで利用するようなときは
stat -c %Y .git/FETCH_HEAD
などとしてunixtimestampで取得するのも良いかもしれません
git pull じゃなくて git fetch, git merge, git rebase を使っている場合は FETCH_HEAD は fetch した時間になるので、 merge や rebase した時間を知るためには ORIG_HEAD のタイムスタンプを見たほうが良いようです
ls -l .git/ORIG_HEAD

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away