1
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

OSX: InstallESD.dmg ファイルから、インストールUSBディスクを作成する

InstallESD.dmg とは

以前のバージョンのOSXのインストーラーに同梱されていたインストールイメージが含まれているディスクイメージファイル。古い MacBook などに古いインストールイメージをインストールしたい場合に使う。
Mac は、ネットワークにつながっていれば、Shift+Option+Command+R を起動時に押下することでネットワークからリカバリーすることできるが、インストーラーダウンロード中にエラーになったりしてリカバリー中にエラーがでるなどのため、USBインストールディスクからリカバリーする場合がある。

インストーラーAppが 
https://support.apple.com/ja-jp/HT211683
からダウンロードできる場合は、
https://support.apple.com/ja-jp/HT201372
を読み、インストールディスクを作ることができる。
しかし、OSX Sierra 以前の OSXが必要なとき、 InstallESD.dmg のみが入手できる。

USB メモリーのフォーマット

8GBの USBメモリーを用意し、ディスクユーティリティを使い、消去する。
(GPT、MacOS 拡張ジャーナルあり)

Base System の書き込み

ダウンロードした InstallOS.dmg をダブルクリックしてマウントする。
ターミナルを開き、 InstallOS.pkg ファイルを以下の手順で解凍する。

xar -xf /Volumes/Install\ macOS/InstallOS.pkg

InstallOS.pkg ディレクトリのなかに InstallESD.dmg ファイルがあるので、デスクトップなどに移動して、ダブクリックしてマウントする。
InstallESD 内にある BaseSystem.dmg が、USBで、OSXを起動できるイメージなので、これを USB に書き込む(NO NAME が USBディスク)。

sudo asr restore -source /Volumes/OS\ X\ Install\ ESD/BaseSystem.dmg -target /Volumes/NO¥ NAME  -erase

OSX インストーラーをコピーする

InstallESD にある Packages がインストーラーなので、これを BaseSystem 内のインストーラーとして置き換える。

rm /Volumes/OS\ X\ Base\ System/System/Installation/Package
cp -R /Volumes/OS\ X\ Install\ ESD/Packages /Volumes/OS\ X\ Base\ System/System/Installation

USBメモリーを取り出す。

Mac に USBメモリを接続して起動する

起動時に、Optionキーを押下しつづけることで、起動ディスクを選べるので、OS X Base System を選ぶ。
起動後は、画面に従って、インストールすればよいが、ネットワークが接続されていなかったり、Mac の時計があっていないとインストールの最初でエラーもでないのに先に進めないことがあるので、ネットワークに接続し、時計を合わせること(時計は、ターミナルを開いて合わせることができる)。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
1
Help us understand the problem. What are the problem?