LoginSignup
1

More than 3 years have passed since last update.

Windows 10でTortoiseGitにて、アカウント情報の削除方法の色々

Last updated at Posted at 2019-09-03

Windows 10でTortoiseGitを使う場合、1回設定してしまえば、ずっと使える機能に遭遇する。

怠惰の権化たる自分にとっては、とても便利な機能ではあるが、アカウントを切り替える際にとても邪魔になる。

アカウントが消えなくて、結果1日半戦ったので、消し方を書いておく。

消し方色々

消す方法は1つではない…というか、消せなかったら段階的に別の方法を試していく。

資格情報マネージャーから消す

一度ウィンドウでログイン情報入力した物は、その後入力せずに良いというwindowsの便利機能『資格情報マネージャー』に入っている。

タスクバー『検索』ボックスで『資格情報マネージャー』と入力し、起動。
『Windows 資格情報』→『汎用資格情報』に、『git:https://【該当gitサーバ】』があれば消す。

あとはcloneなりpushなりすると『ネットワーク資格情報の入力』が出てくるので、新しいアカウントでログインし直せばOK。

大概はコレで問題は解決する。

TortoiseGitの情報を見直す

『フォルダ内を右クリック』→『TortoiseGit』→『設定』→『Git』→『資格情報』
ここに該当の情報がある場合がある。

何も設定していなければ『manager - 全てのwindowsユーザー』。
その場合は、何も気にせずスルー。

git設定を確認する

『フォルダ内を右クリック』→『TortoiseGit』→『設定』→『Git』。
そこで『ローカルリポジトリの設定』『このユーザの設定』『全ユーザの共通設定』を見直す。

これらの内容は基本的に『Windows 資格情報』やTortoiseGit設定の『資格情報』の内容に依存するので、基本的には直接いじることはない。

ここでおかしい場合は、これより前の段階でおかしな情報に、遭遇しているハズ。

.ssh設定を確認する

『C:\Users\【ユーザ名】\.ssh\』に『id_rsa』等があれば、そこに設定されている可能性がある。

httpsからgitしていた場合、関係ない。

netrcファイルを削除

2重認証アカウントでも楽に使うことが出来るnetrc設定。
『C:\Users\【ユーザ名】\_netrc』※windows以外では『.netrc』
あまりオススメはされていない存在なので、気兼ねなく消せる。

これでも解決しない…

全体にgrepかけて、祈るようにファイルを探してみましょう!
WindowsでもGitBushで使えます!

grep -r 【消えないユーザID】 ./*

見付けたらラッキー!
名前を変えてよう! ※自己責任
消したら戻せなくなるので、名前を変えても残してはおいてください。
まぁ、残しておいたとしても、直せるとは限らないけどね!
※自己責任! 本当に自己責任!

もし、これがあった場合、教えて下さい!

まとめ

基本的に資格情報マネージャの方法だけ知っておけば、基本的に困りません。
これで解決しなかったときが、この記事の真価ですとも。

解決したとき、歓喜します、本当に…

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
1