Edited at

MacのIntelliJ IDEA でGO言語を使う①

More than 3 years have passed since last update.

デバックしたい!ということで、IntelliJ IDEAを使ってみることに。


brewのアップデート

まずは、brewのアップデートしておく。

# brew update


goのアップデート

大分前(ほんとに大分前)にbrewでgoを入れたんで

バージョンを確認してみた。

# go version                                                                                                                                                                                                        

go version go1.2.2 darwin/amd64

で、最新をチェック。

#brew info go

go: stable 1.4 (bottled), HEAD

古いじゃん。

アップデートします。

#brew upgrade go

==> Upgrading 1 outdated package, with result:
go 1.4
==> Upgrading go
==> Downloading https://downloads.sf.net/project/machomebrew/Bottles/go-1.4.yosemite.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring go-1.4.yosemite.bottle.tar.gz
==> Caveats
As of go 1.2, a valid GOPATH is required to use the `go get` command:
http://golang.org/doc/code.html#GOPATH

`go vet` and `go doc` are now part of the go.tools sub repo:
http://golang.org/doc/go1.2#go_tools_godoc

To get `go vet` and `go doc` run:
go get golang.org/x/tools/cmd/vet
go get golang.org/x/tools/cmd/godoc

You may wish to add the GOROOT-based install location to your PATH:
export PATH=$PATH:/usr/local/opt/go/libexec/bin
==> Summary
? /usr/local/Cellar/go/1.4: 4557 files, 134M

いけた。バージョン確認。

#go version                                                                                                                      

go version go1.4 darwin/amd64

#which go

/usr/local/bin/go


IntelliJ IDEAのインストール

ここからIntelliJ IDEA Community Editionバージョンをダウンロードして、

インストール。


golangのプラグインの追加。

golang.org support plugin

追加する必要があります。

こんな感じ。このwindowは、Preferencesから開けるよ。

スクリーンショット 2014-12-26 12.57.13.png

※ 2015/01/06 現時点で、最新のGo1.4には対応していないので、1.4で使いたい場合は、

githubからダウンロードすれば使えるよ


IntelliJ IDEAにgo言語の設定。

1.以下画像の通り、project structureを選択する。

スクリーンショット 2015-01-06 14.54.32.png

2.次に、左のメニューから、SDKsを選択し、+ボタンを押下して、Go SKDを選択。

3.sdkの場所を聞いてくるので教えてあげる。

brewで入れた場合は、基本的に、

/usr/local/Cellar/go

にバージョン別で入っている。僕の場合は、さっきアップデートしたので、

1.2.21.4が入っていた。

最終的には、以下の場所をSDKとして登録する。

/usr/local/Cellar/go/1.4/libexec

するとこんな画面に。

スクリーンショット 2015-01-06 14.58.01.png


まとめ。

やっと、SDKの設定が終了。

次は新規プロジェクトを作成してみます。次回はこちら

以上。