Help us understand the problem. What is going on with this article?

Example default .codeclimate.yml

More than 3 years have passed since last update.

ときに、CodeClimateへの連携時に、エラーで連携すら完了しないことがありますね。

エラーが出るファイルを除外してしまえばいいんだけども、除外をしてするためのYAMLにナニカを記載すると、それしか解析してくれなくなる。まずはデフォルト設定で解析してくれるやつを全部解析してほしいわけですよ。

たとえば、excluding-files-and-foldersに書いてある通りにしたら、engineしていしろと怒られちゃうんですね。公式サイトを見れば、カスタマイズ方法は分かるんだけど、これ書いちゃうとデフォルトで実行されるエンジンが除外されてしまうので、デフォルトの設定を知りたい

しかし、一度解析成功したプロジェクトの場合は、以下のように、Analysis Configurationから現在の設定をダウンロードできる。解析すら成功しないプロジェクトのことは忘れて通りそうなプロジェクトをささっと通してみましょう。

スクリーンショット 2016-01-18 12.09.51.png

このpatchを展開すると以下のようになります。このデフォルトyaml自体は中々見つけられなかったので、検索ようにこのような記事を置いておきます。

codeclimate.yml
engines:
  brakeman:
    enabled: true
  bundler-audit:
    enabled: true
  csslint:
    enabled: true
  coffeelint:
    enabled: true
  duplication:
    enabled: true
    config:
      languages:
      - ruby
      - javascript
      - python
      - php
  eslint:
    enabled: true
  fixme:
    enabled: true
  rubocop:
    enabled: true
ratings:
  paths:
  - Gemfile.lock
  - "**.erb"
  - "**.haml"
  - "**.rb"
  - "**.rhtml"
  - "**.slim"
  - "**.css"
  - "**.coffee"
  - "**.inc"
  - "**.js"
  - "**.jsx"
  - "**.module"
  - "**.php"
  - "**.py"
exclude_paths:
- config/**/*
- db/**/*
- spec/**/*
- vendor/**/*

おまけ

解析に失敗してしまう幾つかのパターンの原因はこちら

  • hash記述のsyntax error
    • ruby_parserにpull requestが出ているんですが、{ 'hoge': :fugo }という感じの記述をruby_parserがparse出来ない問題
  • エンコード問題
    • このへんに起因する正規表現の記述方法によるinvalid multibyte character
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away