Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Piで音を出すまで

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Sonic piを試したかったのですが、音を出すのに少し手間取りました。
手順をシェアしておきます。

HW: Raspberry pi model B+
OS: raspbian (version: September 2014 release date: 2014-09-09)

モニターはSAMSONGのプラズマディスプレイです。HDMI接続しています。

以下のページが参考になります。
http://elinux.org/R-Pi_Troubleshooting#Sound
このページですでに色々試している方は、amixerのオートは使わないで、もう一度やってみて下さい。
この記事のポイントはそれだけです、、、。

準備

まずはテスト用のhello_audio.binを作成します。

cd /opt/vc/src/hello_pi/
./rebuild.sh

音声出力はアナログ(=ヘッドフォンジャック)とHDMIがあります。
始めはヘッドフォンでチェックした方が簡単です。

アナログ(ヘッドフォン)

ヘッドフォンを接続して次のコマンドを実行して下さい。

/opt/vc/src/hello_pi/hello_audio/hello_audio.bin

これで音がなるはずです。次にspeaker-testで音が鳴るか試して下さい。

#出力をアナログ(=ヘッドフォンジャック)に固定
amixer cset numid=3 1
#テスト
speaker-test -t sine -f 600

僕が試した時は、出力をアナログに固定しないと、音が出ませんでした。
デフォルトはオート(アナログ出力とHDMI出力兼用)なのですが、これに問題があるのかもしれません。

次にwavファイルの再生を試してみます。

aplay /usr/share/sounds/alsa/Rear_Center.wav

これで音がなればアナログはOKです。
なお、piユーザーがaudioグループに入っていないと、aplayコマンドでwav再生は出来ないそうです。
僕の環境ではデフォルトで設定されていました。

HDMI

HDMIで音を出す前に、/boot/config.txtを変更する必要があります。
次の一行をコメントアウトして下さい。これをしないと一部のモニターではHDMIで音が出ないそうです。

hdmi_drive=2

変更したらリブートして下さい。音が出るかのテストはアナログとほぼ同じです。

#出力をHDMIに固定
amixer cset numid=3 2
#音が鳴るか確認
/opt/vc/src/hello_pi/hello_audio/hello_audio.bin
#スピーカーテスト
speaker-test -t sine -f 600
#wavテスト
aplay /usr/share/sounds/alsa/Rear_Center.wav
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした