Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

1か月半の試験勉強で AWS 認定 SysOps アドミニストレーター(SOA) に合格した話

AWS SAA,DVAを取得できたエンジニアが
1か月の試験対策でAWS SOA(SysOPs)に合格できた話です。
個人的な経験ですが備忘録として投稿いたします。
ちょっとは、役に立てばうれしいです。

試験概要

AWS SOAについては、他の方が説明されていたり、AWS HPに記載されているので詳細までは省略させて頂きます。
概要として、下記確認されると良いかと思います。
AWS公式が示す試験ガイドです。
https://d1.awsstatic.com/ja_JP/training-and-certification/docs-sysops-associate/AWS-Certified-SysOps-Administrator-Associate_Exam-Guide.pdf

注)SysOpsについてはAWSより新しい試験がアナウンスされております。
https://aws.amazon.com/jp/certification/coming-soon/
新しい試験: AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト (SOA-C02)
※本記事は、現行のSOA-C01に関する内容です。

[参考]SAA,DVA取得時の記事

AWS SAA取得時の話
AWS DVA取得時の話

試験結果

アソシエイト3種類の中で一番ギリギリな合格点となりました。
スコアにも表れているように、3種類の中で一番難しく感じました。
スクリーンショット 2021-02-22 21.59.06.png

難しく感じたと思う理由:
・普段の業務でAWSの運用面経験が少ない
⇨AWSの運用面よりサービス実現に取り組む時間のほうが多く、結果、経験の差が出たと感じた。
⇨リージョンをまたぐバックアップなど、グローバルな運用方法についてイメージが沸いていなかった。

背景

経歴

 組込系(ARMアーキテクチャ)エンジニアとして働いています。
 IoT機器のアプリケーション開発、ネットワーク環境構築がメインの業務としてます。
 また、AWSを使用した、IoT機器の保守システム開発などをしてきました。

受験きっかけ

 このご時世、年末年始に時間があったので、AWS DVA取得をしようと思い、取得することができました。
CDF、SAA、DVA取得できたため、アソシエイト3種類レベルは取ってしまおうと思い受験いたしました。
前回、1/5にDVA取得後、SOAへの勉強を始めたので、1ヶ月半の期間で取得することができました。

取り組んだこと

今まで、SAA/DVAではUdemyによるオンライン学習を主として勉強をしておりました。
しかし、今回は、別な取り組みとして、単にSOAへの試験問題対策ではなく、AWSサービスの理解を進めるために、別な手段で試験勉強をすることにしました。
※単に試験に受かるだけなら、Udemyの問題を解くなど、試験対策をしたほうが良いように思えました。
 なので、SOAのスコアがアソシエイトで一番低かったのかもしれません・・・
 (AWSサービスへの理解のためと思えば、無駄ではなかったと思いたいです!)

(1)本による"試験対象サービスの知識習得"

 SAA、DVA試験用にすでに購入していた本でした。
 そのため、SOAが対象としている章(サービス)を確認のために一読いたしました。
 対象サービスで使用のキーワードを理解することを目的としました。
 AWS認定アソシエイト3資格対策~ソリューションアーキテクト、デベロッパー、SysOpsアドミニストレーター

以下、今までとは異なる取り組みを試みました。

(2)AWS公式のトレーニングライブラリを使う

やはり、公式が出しているものを活用としようと思い、まずは、トレーニングライブラリで、
SOAがどういった試験なのかを確認しました。1.5時間の動画、日本語訳があるため、
気軽にInputでき、おすすめだと思います。
https://www.aws.training/Details/Video?id=41299
・Exam Readiness: AWS Certified SysOps Administrator - Associate (Japanese)

(3)AWSが提供するサンプル問題集を確認

下記で、10問のサンプルがあり、一度解いてみました。
https://d1.awsstatic.com/ja_JP/training-and-certification/docs-sysops-associate/AWS-Certified-SysOps-Administrator-Associate_Sample-Questions.pdf
⇨本番の問題よりも易しく感じました。
(ここで、8問正解だったので、気が緩んでしまったかもしれません。)

(4)AWS公式YouTubeで該当サービスのBlackBeltを見る

Amazon Web Services Japan 公式
SOAでは以下のサービスが特に問われていると感じました。
・AWS Auto scalling
⇨EC2だけではなくELBとの絡めた使い方を理解する
・Route53
⇨DNSサービスだけの理解ではなく、他サービスとの連携を理解する
・AWS Organizations
⇨アカウントをまたぐサービス参照やコスト管理について理解する
・CloudWatch/CloudTrail
⇨サービスのモニタリングや問題発生時、サービスを用いてどんな原因が考えられるかを理解する
・セキュリティ(特定のサービスではなく全般的に)
⇨外部ネットワークの危険に晒されることなく、セキュリティが確保された中での
 サービス連携の方法を理解する

感想

前述した内容と重複いたしますが、試験に受かることに重きを置くのであれば、Udemyや他の問題集をしたほうが試験慣れはすると感じました。今回は、問題対策よりもAWS公式提供のものを使用したため、試験中、問題の意図を理解するのに時間が掛かりました。

以上です。

pkopko-b8
エンジニア@大阪(組込系、AWS、IoTなど)です。 組込系をベースに、最近は、エッジデバイスの遠隔制御で AWSで保守システム構築をしたりなどに関わってます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away