Help us understand the problem. What is going on with this article?

VR内での疑似触覚の確認

More than 1 year has passed since last update.

この記事は、OculusやVIVE等のVRデバイスを持っている人を対象としています。
(6Dof以上、VRコントローラーがあるのが望ましい)
また、個人の主観による実験結果のため、学術的な価値はありません。

はじめに

前回の記事、"VRChatを用いた「現実感」の編集"で大雑把な「現実感」を仮定しました。
今回からは、これを細かく分けていきます。

「現実感」の中でも特に馴染み深いのが「触覚」です。

皆さんは、こう思うかもしれません。
「触覚は皮膚下の感覚神経によるもので、SFに出てくるような触覚デバイスがないと感じることはできない。」

ですが触覚スーツなどを着なくても、VR内で物に触れたような感覚を得ることは可能です。

経緯

前回の記事で、「目の前にあるCGのテーブルが実際に存在しているかのような錯覚があった」と書きました。

(Oculus Questのチュートリアル「First Steps」)

私にとってこの錯覚はとても不思議だったので、その正体を調べるためのVRを作りたいと思うようになりました。

目的のコンテンツを作るために、その時遊んでいたVRChatを用いることにしました。理由は作成とテストがとても簡単だからです。

私は、次の3つのワールドを作成しました。
・圧迫感を調べるワールド
・先端恐怖症を調べるワールド
・ハグしたときの気持ちを調べるワールド

上記の3つを選んだのは、錯覚が人間の本能によるものではないか?という直感からでした。

結果

実験の様子を動画にしました。


YouTube:VR感覚の実験 (圧迫感/先端恐怖症/ハグ)[VRChat]

詳細

VR感覚の実験 - その1 (圧迫感)

圧迫感を調べるための動くトーラス。
胸部から喉元にかけてと、上腕部から肩にかけて圧迫感と息苦しさを感じた。

この時感じた圧迫感と息苦しさは、画像で表すと以下のような範囲と強さでした。

(赤:圧迫感が強い ⇔ 青:何も感じない
頭部は実験の範囲外のため、無視してください。)

もう気づいている方もいるかもしれませんが、これは呼吸器系の器官(肺や気道、口や鼻)が存在している範囲と重なっています。

また、私が使用しているOculus Questでは頭部と左右の手の3つのみをトラッキングしていることも重要かもしれません。

VR感覚の実験 - その2 (先端恐怖症)

尖った物を避けようとする原始的な反応のテスト。
痛みはなかったけど、何とも言えない違和感・苦しさを感じた。
体験後、手の平にだけその感覚が残っていたのが印象的だったが、よく調べるとそれは軽い腱鞘炎の間違えだった。(!)

尖ったCGにアバターを近づけたときに感じたのは、言葉には表せないような違和感でした。
またその時、軽い腱鞘炎とVR内の感覚を間違えるという事態も発生しました。

感覚の取り違いは、この時だけのレアケースなのでしょうか?
それとも頻繁に発生している現象なのでしょうか?

VR感覚の実験 - その3 (ハグ)

やわらかい物体をハグしたときに、何か感じるかと思ったけど、ハッキリとした感覚はなかった。
ただ「息苦しさはあるものの、嫌ではない」と思った。
暖かさもあったが、部屋の温度との区別はつかない。
モデルによって印象が大きく変わるのかもしれない。

ここで実験したかったのは「ハグの行動が感情にどう影響を与えるか?」ですが、
意義のある結果は得られませんでした。
(この後、かわいい女性の3DCGをハグしたら、めちゃくちゃドキドキして戸惑ったのは、内緒です)

まとめ

ここまで読んでもらった方には、私がこれからどのような実験を行おうとしているかが、多少は分かってもらえたのではないのでしょうか?

「これらの錯覚が人間の本能によるものではないか?」という直感が正しかったのかはまだ不明ですが、大まかな方向性は確認することができました。

まだまだ詳細な実験が必要なようです。

習慣の力:
https://qiita.com/pipe_render/items/49a15c51e945849745b5

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした