Help us understand the problem. What is going on with this article?

Androidアプリでバージョンアップ通知を組み込んでテストする方法

More than 1 year has passed since last update.

背景

コーチング会社でニュースアプリをiPhone/Androidで作っています。
2年ほどアップデートしていなかったそうで、今後はバージョンアップをユーザに通知したいという要望がありました。

AndroidではHockeyAppという通知お知らせSDKが入っていましたが、2019年の秋あたりに仕様が変わる?みたいな記述があったので、別のものを入れることにしました。

in-app updates

上記の代わりにGoogle純正の「in-app updates」というものをドキュメントを見て実装しました。
Support in-app updates はこちら

必要環境

Android 5.0 (API level 21) 以上
Play Core library 1.5.0以上

ドキュメントは英語だけど頑張って読んで、
ソースをそのままコピペ。

更新のタイプ

ImmediateとFlexibleのタイプが選べて、
Immediateは強制アップデート(×ボタンがあるので強制とはいえない)
Flexibleはアップデートしないボタンが選べる

重要!テストの仕方

GooglePlayに上がっているアプリのバージョンが19として、
バージョン18のAPKを作って実機に入れれば動くと思ったら動かない!!

AndroidStudioでの署名付きAPKの作り方はこちら

GooglePlayConsole
https://developer.android.com/distribute/console?hl=JA

にログインして、内部テストを実施しないといけませんでした!

GooglePlayConsoleでの内部テスト

https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/3131213?hl=ja

  1. consoleにて内部テストするユーザーのメールアドレスを登録
  2. 現在GooglePlayに上がっているアプリ(v19)のバージョン+1(v20)のAPKを作成してconsoleにてリリースを作成する
  3. 1.で登録したアドレスでログインしたGooglePlayStore経由か、オプトインURLをユーザに共有して、実機にインストールする
  4. バージョンアップ通知をテストしたいので、2.のバージョン+1(v21)したAPKを作成し、consoleにてリリースを作成する
  5. 実機にインストールしたv20のアプリを起動すると、下記画面が出る

Immidiateの場合
immediate_flow.png

Flexibleの場合
flexible_flow.png

出ると嬉しい!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした