Xcode
Swift

Xcodeを使う上で最初におさえること

More than 1 year has passed since last update.

XcodeとSwiftを使い始めたので、最初におさえるポイントをメモする。

1. はじめに

Xcodeの説明

詳しくは以下のリンクに丁寧に紹介されている。
参考:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1601/08/news059_2.html

一つのiPhoneアプリを仕上げるために
- Swiftの知識はもちろん必要
- Xcodeに備わっているいくつかの機能を使う
ざっくり言うと、
Storyboardで、アプリのビューを作り、
Swiftで、コードを書いて、アプリを仕上げる。

「Xcodeプロジェクト」とは?

1つのiPhoneアプリを構築する上で必要なプログラムやアセット(画像、動画、音声など)などのファイルを一まとまりにしたもの

iPhoneアプリ作成で利用する「iOS SDK」
⇨ iPhoneアプリを作る上で必要なクラスなどのプログラムやアセットファイルがAppleから提供されている

iOS SDKの中には、さまざまなクラスが用途別に分かれて入っている。
⇨ 例えば、UIKit = 画面上に表示するボタンやスイッチなどパーツ
などである。

Xcodeプロジェクトの作り方

iPhoneアプリで使えるテンプレートには、次の5つ

テンプレート名 説明 テンプレートが合うiPhoneアプリ
Master-Detail Application リスト画面と詳細画面がセットで用意される ニュースアプリなど、たくさんのコンテンツがあるアプリで使える
Page-Based Application 横スワイプで表示が切り替えられる画面が用意される 本のような使い方の読み物アプリで使える
Single View Application 真っ白な画面だけが用意される シンプルなので、あらゆるアプリで使える ←最もシンプル
Tabbed Application 画面下部にタブが表示されている画面が用意される いくつかの機能を持ち合わせる、多機能なアプリによく使われる
Game ゲームを作るための構成が用意される ゲームアプリで使える

Xcodeワークスペースの各機能の役割

http://image.itmedia.co.jp/l/im/ait/articles/1601/08/l_swift8_workspace-01.jpg
- 1.ツールバー
- 2.ナビゲーター領域
- 3.エディタ領域
- 4.ユーティリティー領域
- 5.デバッグ領域

Xcodeプロジェクトの構成

http://image.itmedia.co.jp/ait/articles/1601/08/swift8_prj-structure-01.jpg

ファイル名 役割・用途
AppDelegate.swift アプリのさまざまなイベント(起動、終了、プッシュ通知など)を受け取るためのクラスが書かれたファイル
ViewController.swift 初めに表示される画面に何を表示するか制御を行うクラスが書かれたファイル
Main.storyboard 「画面にどのようなUI(部品)を置くか」や、画面と画面の切り替えを決めるファイル
Assets.xcassets アプリに組み込むアセットファイル(画像など)を管理するファイル
LaunchScreen.storyboard アプリが起動してすぐに表示される画面のレイアウトを決めるファイル
Info.plist アプリの詳細な設定を定義するファイル