Edited at

laravelの設置手順をまとめ


laravelとは


composerとは


  • PHP用のパッケージを管理するためのツール

  • ruby on railsのbundlerのような役割を果たす。


composerをインストール


  • 実行ファイルを使ってインストールする。(定番)

  • macの場合はhomebrewでインストールが可能であり、この方法を推奨する。


本家の実行ファイルでインストール


  • 実行ファイルをダウンロードしてphpで実行と、composer.pharファイルがダウンロードされる。

% curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

All settings correct for using Composer
Downloading 1.1.1...

Composer successfully installed to: /Users/devnote/Documents/study/composer.phar


  • ダウンロードファイルを/usr/local/binへ移動する。

% sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

% composer
______
/ ____/___ ____ ___ ____ ____ ________ _____
/ / / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/
/ /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__ ) __/ /
\____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/
/_/
Composer version 1.1.1 2016-05-17 12:25:44

Usage:
command [options] [arguments]

... snip ...


homebrewでインストール


  • brewにてcomposerが提供されているのか検索する。

% brew search composer

homebrew/php/composer


  • homebrew/phpのリポジトリにcomposerが存在しているので、該当リポジトリを追加する。

% brew tap homebrew/php

==> Tapping homebrew/php
Cloning into '/usr/local/Library/Taps/homebrew/homebrew-php'...
remote: Counting objects: 586, done.
remote: Compressing objects: 100% (379/379), done.
remote: Total 586 (delta 388), reused 236 (delta 205), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (586/586), 243.46 KiB | 0 bytes/s, done.
Resolving deltas: 100% (388/388), done.
Checking connectivity... done.
Tapped 561 formulae (601 files, 1M)


  • 追加されたリポジトリを確認する。

% brew tap

caskroom/cask
homebrew/core
homebrew/php
rcmdnk/rcmdnkpac
sanemat/font


  • composerをインストールする。

% brew install composer

==> Installing composer from homebrew/php
==> Installing dependencies for homebrew/php/composer: freetype, icu4c, libxml2, unixodbc, openssl, php70
==> Installing homebrew/php/composer dependency: freetype
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/freetype-2.6.3.el_capitan.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%

... snip ...


laravelのインストール


  • laravelをイスントールする方法には二つがある。

  • laravelのインストーラーとcomposerのcreate-projectでインストールする方法だ。

  • 個人的にはlaravelのインストーラーを利用する方法を推奨する。(composerのcreate-projectを利用する方法より早い。)


laravelのインストーラー


  • composerを使ってlaravelインストーラーをダウンロードする。

% composer global require "laravel/installer=~1.1"


  • ホームディレクトリの配下に.composerディレクトリが生成される。

% tree .composer -L 2

.composer
├── cacert.pem
├── cache
│   ├── files
│   └── repo
├── composer.json
├── composer.lock
├── keys.dev.pub
├── keys.tags.pub
└── vendor
├── autoload.php
├── bin
├── composer
├── guzzlehttp
├── laravel
├── psr
└── symfony

10 directories, 6 files


  • laravelコマンドが実行できるように、~/.composer/vendor/binディレクトリを実行PATHへ追加する。


  • プロジェクトを生成する。


% laravel new sample


composerのcreate-project


  • sampleという名前でlaravel用のプロジェクトを生成する。

% composer create-project laravel/laravel sample

Installing laravel/laravel (v5.2.31)
- Installing laravel/laravel (v5.2.31)
Downloading: 100%

Created project in sample
> php -r "copy('.env.example', '.env');"
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)

- Installing vlucas/phpdotenv (v2.2.1)
Downloading: 100%

... snip ...


laravelインストールを確認


  • PHPの組み込みサーバを起動して確認する。(ruby on railsのwebrickみたいなもの)

cd sample

php artisan serve


  • ブラウザで確認する。

http://localhost:8000


参考