GitHub
技術書

技術同人誌を書くノウハウ本を作った

11日目、遅ればせながらの更新です。

技術系同人誌を書くノウハウ本

技術書典やコミケの技術島で本を書いて売る一連の流れを追いつつ
関連ノウハウすべて盛り込んだほんがあったらよいかな、と思い。

first-tweet.png

C93合同誌:「ワンストップ!技術同人誌を書こう(仮)」 の企画要旨説明
http://oyakata2.blog104.fc2.com/blog-entry-13.html

そして、本日入稿完了しました。
本文212Pの超厚い本になりました。
執筆者の皆様、ご協力ありがとうございました。

Re:VIEW+Gitで共同執筆したら、みんなが寄ってたかって書いて、
締め切り過ぎてからもプッシュ・プルリクしまくりで…
終わってみればこの有様ですよ。
みんな頭を冷やすんだ!(後の祭りの褒め言葉

もくじ

1.イベント参加のすすめ
2.アウトプットを始めよう
3.ネタ出し法
4.本のスタイルはどうすればよいのか?
5.表紙を作る
6.表紙のお手軽な作り方(macOS編)
7.執筆環境
8.図を埋め込む(macOS編)
9.図を埋め込む(Windows編)
10.ノンブルの付け方
11.印刷会社に頼む上でのあれこれ
12.準備をしよう
13.当日朝、開場までの準備
14.開催中のTips
15.イベント後にやること
16.委託をしよう
17.コミュニティに参加する
18.印刷部数とお金の話
19.やる気と次の締め切りを手に入れよう。
付録A:この本の執筆環境について
付録B:Re:VIEWのインストール(Windows7編)
付録C:Wordによる執筆の流れ

頒布場所

今年の冬コミで出します。
1日目:東3 カ41b 親方Project
3日め:東4 リ05b Clear-mint
予価:2000円。その価値はあります・・・きっと。
3日目は搬入数あまり多くないので、ぜひ一日目までお運びください。

中身(おためし版)

https://www.slideshare.net/ssuser6f9d71/ss-83907366