Help us understand the problem. What is going on with this article?

DrupalでWatson(Speech to text)を使う

More than 1 year has passed since last update.

DrupalのWatsonモジュールをみつけたので設定を書いておきます。
このモジュールはWatsonのコンテンツフィールドにWatsonフィールを追加することができるようになります。Watsonフィールドでは音声ファイルをアップロードします。そのコンテンツを閲覧するとテキストふになっているという動きです。
何か取材に行って音声ファイルなどがある場合に簡単に文字おこしができます。

手順は
1 BluemixポータルでWatson Speech to textを申し込む
2.DrupalにWatsonモジュールを追加、設定
3.コンテンツタイプにWatsonフィールドを追加、コンテンツを作成。

1 BluemixポータルでWatson Speech to textを申し込む
BluemixポータルでWatson speech to textを申し込んでください。
bmx.jpg

申し込みの後ダッシュボードでSpeech to textを選択、サービス資格情報をクリックしてください。画面右側にある資格情報の表示をクリックするとアクセスポイントやユーザー名などが表示されます。後で使うのでメモをしておいてください。

watson4.jpg

Bluemixでの作業はこちらで終了です。

2.DrupalにWatsonモジュールを追加、設定
DrupalにWatsonモジュールをインストールしてDrupalの管理画面で有効にしてください。
watson1.jpg

次にメインメニューの環境設定でIBM Watson Field settingsをクリックしてください。
watson2.jpg

1の手順でメモしたアクセスポイント、ユーザー名などを入力してください。
watson.jpg

3.コンテンツタイプにWatsonフィールドを追加、コンテンツを作成。
 今回は”記事”のコンテンツフィールドにWatsonを追加します。
watson7.jpg
そうすると新しい生地コンツンツを追加しようとするとWatsoinフィールを追加することができ音声ファイル(.wavファイル)
をアップロードすることができます。
watson9.jpg
今回はCNN English Expressの音声ファイルを使ってみました。日本語もぜひ試してみてください。
text.jpg

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away