Edited at

自分でコンパイルしたRubyをrbenvで管理する(Mac OS X, Ubuntu)

More than 3 years have passed since last update.

通常はruby-buildもセットで使えば楽でいいのだけど、例えばruby2.0出た! 入れてみよう! あ、ruby-buildがまだだ・・・。という理由ですぐに試せないという人が居たとすると悲しいので、自分でやってみた手順をメモしました。


準備

まず、rbenvを使えるようにします。

どうせ使うので、ruby-buildも入れておきます。


Ubuntu

apt-getでrbenvインストール可能ですが、gitで入れたほうが良いです。

$ sudo apt-get instlal git

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

環境変数PATHに, ~/.rbenv/binを追加します。

そして、~/.bashrc とか ~/.zshrcに

eval "$(rbenv init -)"

を追記しておきます。

rubyのビルドに必要なパッケージを入れておきます。

$ sudo apt-get install libssl-dev libxml2-dev libxslt1-dev libyaml-dev libreadline-dev zlib1g-dev

このくらい入れとけば大丈夫です。

新しいバージョンのrubyが出た時は、以下のコマンドでruby-buildを更新するとインストール出来るようになっているかもしれません。

$ cd ~/.rbenv/plugins/ruby-build

$ git pull origin master


Mac OS X

Homebrewは導入済みとします。

$ brew install rbenv ruby-build

Mac10.9以降の場合、特に追加でパッケージを入れておかなくてもrubyビルド可能です。

新しいバージョンのrubyが出たら以下を実行すればインストール出来るようになっているかもしれません。

$ brew update

$ brew upgrade ruby-build


本題

ここから本題のruby-buildを使わないインストール手順です。

UbuntuもMacも同じ手順でいけるはず。

$ wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p0.tar.gz

$ tar xzvf ruby-2.0.0-p0.tar.gz
$ cd ruby-2.0.0-p0
$ ./configure --prefix=$HOME/.rbenv/versions/2.0.0-p0
$ make
$ make install

※hoge にはユーザー名を

これで $HOME/.rbenv/versions 以下にruby2.0がインストールされたはず。

$ rbenv versions

system
1.9.2-p290
1.9.3-p194
1.9.3-p327
* 1.9.3-p374 (set by /Users/hoge/.rbenv/version)
2.0.0-p0
2.0.0-preview1
2.0.0-rc2

$ rbenv global 2.0.0-p0
$ rbenv rehash
$ ruby -v
ruby 2.0.0p0 (2013-02-24) [x86_64-darwin12.2.1]

これで自分でビルドしたRubyがrbenvで管理出来る状態になったと思います。

あとは、私がRubyをインストールしたとき確認すること - 絶対R領域を参考に、ハマリ易そうなところが大丈夫か見ておきます。

$ irb

irb(main):001:0> require 'openssl'
true
irb(main):002:0> require 'zlib'
true
irb(main):003:0> require 'psych'
true

良さそうですね!