Mac上に Vagrant + VirtualBox で Ubuntu の環境構築

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

以前、Dockerで環境構築を行なったので、色々と比較されているVagrantの方でも環境構築をしてみました。

その時の備忘録として記載しておきます。



Vagrantのインストール

Vagrant by HashiCorpからインストーラーがダウンロードできます。

Macなら「MAC OS X」を選択してください。



VirtualBoxのインストール

Oracle VM VirtualBoxからインストーラーがダウンロードできます。

Macなら「OS X hosts」を選択してください。



Vagrantで使用するOSをダウンロード

box」という形でOSが公開されているので以下のコマンドでダウンロードする。

種類は「Vagrantbox.es」で確認できます。

$ vagrant box add {自分でつけたbox名} {vagrantboxのURL} 




今回は「Official Ubuntu 16.04 daily Cloud Image amd64 (Long Term Support release, No Guest Additions)」を選択しました。

なので以下のようなコマンドになります。

$ vagrant box add ubuntu1604 https://cloud-images.ubuntu.com/xenial/current/xenial-server-cloudimg-amd64-vagrant.box

ちなみにvirtualboxを使用しているので、「provider」が「virtualbox」のものを選択しないとダメみたいです。



作業用ディレクトリの作成

今後ここで作業していきます。

$ mkdir ~/works/vagrant/ubuntu1604

$ cd ~/works/vagrant/ubuntu1604



Vagrantの設定ファイルの作成

以下のコマンドを実行すると先ほどダウンロードした「ubuntu1604」を基礎に設定ファイルを作成します。

$ vagrant init ubuntu1604

「ubuntu1604」を打ち忘れても設定ファイルの1行が違うだけなので後で修正できます。



Vagrantの設定の変更

$ vi Vagrantfile

29行目(私の場合)の「config.vm.network "private_network"」の行のコメントを外します。

  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"




ちなみに「vagrant init」の時点で「ubuntu1604」を打ち忘れた人は15行目(私の場合)の以下の部分も変更してください。

  config.vm.box = "base"


config.vm.box = "ubuntu1604"



仮想サーバーの立ち上げ

ここでサーバーが立ち上がります。

$ vagrant up




【仮想サーバーの確認】

$vagrant status

Current machine states:

default running (virtualbox)

runningになっていたらOK!



仮想サーバーにログインする

$ vagrant ssh

これで、あとは好き放題すればいいわけですね!!



仮想サーバーからログアウトする

$ exit



仮想サーバーの停止

$ vagrant halt




【仮想サーバーの確認】

$ vagrant status

Current machine states:

default poweroff (virtualbox)

poweroffになっていたらOK!!



仮想サーバーの削除

構築したサーバーを削除するだけでBoxは削除されません。

$ vagrant destroy



Boxの削除

$ vagrant box remove {box名}

例)今回ダウンロードした「Ubuntu16.04」を削除する場合

$ vagrant box remove ubuntu1604


最後に

前回Docker for Mac、今回Vagrantを触ってみましたが、比較できるほど触ってない上に知識もないため、どっちがオススメとかはわかりません。

これから勉強していきます。

本当に申し訳ない。