Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

tmux1.9aで新しいウィンドウ作成時に、HOMEディレクトリになってしまう現象

More than 5 years have passed since last update.

はじめに

tmux1.9aupdateしました。
すると、新しいウィンドウ作成時にHOMEディレクトリに戻ってしまう仕様になっていました。
新しいウインドウ作成時や分割時にカレントディレクトリのパスを引き継ぐ仕様のほうが個人的に好きなので1.9aでも実現できるよう設定しました。

原因

そもそも、なぜこういう現象になったかというとdefault-pathという機能が廃止になってしまったからのようです。
新しいウィンドウは全てホームディレクトリから始まるようになったってことですね。
詳細はこちらを参照 → CHANGES FROM 1.9 to 1.9a 22 February 2014
該当箇所を抜粋するとこんな感じです。

Incompatible Changes
====================

* 88 colour support has been removed.
* 'default-path' has been removed.  The new-window command accepts '-c' to
  cater for this.  The previous value of "." can be replaced with: 'neww -c
  $PWD', the previous value of '' which meant current path of the pane can
  be specified as:  'neww -c "#{pane_current_path}"'

対処方法

新しいウィンドウ作成時(new-window)と分割時(split-windw)にカレントディレクトリのパスを引き継ぐようにしたい場合は、new-windowsplit-windwのオプションに-c "#{pane_current_path}"をつけると実現できます。
では.tmux.confを編集します。自分はこんな感じに。

tmux.conf
 bind c new-window -c "#{pane_current_path}"
 bind % split-window -hc "#{pane_current_path}"
 bind '"' split-window -vc "#{pane_current_path}"

おわりに

これで1.9aでもカレントディレクトリのパスの引き継ぎが実現されました。
もしカレントディレクトリパスを引き継ぐ仕様が好きだった人はやってみてください。
でもdefault-pathが廃止になったってことはこの仕様嫌いな人そんなに多かったのだろうか...個人的には好きでしたが。
ちなみに今回は以下のサイトを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

tmuxを1.9aにしたら新しいwindow/paneのパスが$HOMEになった件
http://qiita.com/geta6/items/e9e3122c4e7a602ade77

Tmux 1.9でウィンドウ分割後もカレントディレクトリに留まる
http://qiita.com/okuramasafumi/items/72f61ec0af56b7b9b292

omega999
iOSエンジニア 勉強になったらメモします。
iwate-pu
岩手県滝沢市にある公立大学です。Qiitaではソフトウェア情報学部生や出身の人が多いです。
https://www.iwate-pu.ac.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away