各種SNS(twtter,facebook,googleAd)の広告の効果を確かめ、Qiita記事にいいねがどれだけつくのかを検証します。

経緯

Qiitaにいいねがあるひとって かっこいい!!

fnobi さん(2568いいね)
スクリーンショット 2017-10-21 10.03.32.png

mono0926 さん (14722いいね)
スクリーンショット 2017-10-21 10.04.01.png

zembutsu さん (7386いいね)
スクリーンショット 2017-10-21 10.05.46.png

完全に私の妄想ですが、
1000オーバーのいいねを持っている人は、どういうわけかかっこよくみえるし、凄腕エンジニアっぽい

アウトプットの習慣が身についているからこそ
凄腕エンジニアなのでしょう!!(きっと)

そこで2週間前から、私も毎日Qiita記事を書くことにしました!!

  • これで凄腕エンジニアの仲間入りヤァぁぁぁぁぁぁあああああああ!!!!!

これまでのtitle(抜粋)

非常にしょっぱい

😭😭😭😭😭😭😭😭

  • 2週間毎日投稿したのですが、あまりいいねがもらえないのです!!
  • しかしながら、画期的な方法を思いつきました!!!
    • お金のちからに頼る!! + ついでに広告の効果を検証してまう!!

ということで、Qiita記事に広告を打って効果を比較しつつ、いいね増やします!!

広告をそれぞれのQiita記事で出しどんなユーザーがどこからどれだけ流入したかを比べようと思います。

計測方法

  • ほぼ同じ記事を3つ用意し、それぞれ広告を打つ(twitter,Facebook,googleAd)
  • googleAlyticsで集計する
  • 計測は、2週間(2017/11/6まで)実施
  • それぞれ1万円(合計3万円)の広告を打つ

計測する項目

  • それぞれの流入でどこが多かったのか解析する
  • いいねを多くつけてくれる記事はどれだったか結果を待つ

現状

  • 検索が一番多く、ソーシャルからの流入は少ない
  • Facebook, twitterともの少しだけ流入している

スクリーンショット 2017-10-23 20.25.04.png

スクリーンショット 2017-10-23 20.27.53.png

計測結果

こちらに、チェレンジの結果も含めまとめさせていただきました。

広告導入方法の紹介

twitter

1.広告のページにアクセスする
スクリーンショット 2017-10-23 18.40.38.png

2.広告の種類を選びます

  • 今回は、「webサイトのコンバージョン」を選びます

スクリーンショット 2017-10-23 18.40.55.png

3.日別と月別の予算などを入力して次へ進みます
スクリーンショット 2017-10-23 19.28.30.png

3.広告したいツイートを選び、クレジットの登録で完了!

4.これでtwitter広告は出品できます!!!

管理画面はこんな感じ
スクリーンショット 2017-10-23 20.55.34.png

まとめ

  • web広告がどれだけ効果があるかわかりませんが、結果を待つとします。
  • 予想ではtwitterからたくさんくるのではないかと思いますがどうなることやら!!