Help us understand the problem. What is going on with this article?

@background { } で、気軽にマルチスレッド処理を行う方法

More than 5 years have passed since last update.

お目汚し失礼致します。
これはiOS Second Stage Advent Calendar 2013の12月23日分の記事です。

@synchronizedがあるんだから、@backgroundがあっても良いじゃない。
そんな気持ちで書きました。

1. マクロを定義します

下記のようなマクロを定義します。
下記のようなもんをマクロとは言わん、という意見は受け付けません。

background-Prefix.pch
#define background \
try{}@finally{}\
__block void (^backgroundBlock)();\
[[NSOperationQueue mainQueue] addOperationWithBlock:^{\
    dispatch_async(dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0), ^{\
        backgroundBlock();\
    });\
}];\
backgroundBlock = ^

プリコンパイルドヘッダ(拡張子が.pchって感じのです)に入れれば、
全てのソースファイルから照会できるので使いやすいかもしれません。

2. 使います

下記のような感じで使います。

AppDelegate.m
for (int i = 0; i < 10; i++)
{
    @background
    {
        NSLog(@"%d", i);
    };
}

バックグラウンドで処理が行われているので、
結果は「0 1 2 3 4 6 5 7 9 8」とかそんな感じにバラけると思います。

普通に0から9まで表示されることもあると思いますが、
まあそんな時は10回と言わず100回もループすればバラけると思います。

簡潔ではありましたが、24日のサンタ狩りの準備がありますので、
このあたりで失礼させて頂きます。

oden@github
株式会社210プロダクションの代表戸締り役です。 戸締りならお任せ下さい。
http://210pro.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away