Help us understand the problem. What is going on with this article?

codedeploy-agentのキャッシュを削除したら

More than 3 years have passed since last update.

codedeployを使っている場合、ソースコードのキャッシュが

/opt/codedeploy-agent/deployment-root/[デプロイグループID]/

というディレクトリに溜まっていきます。
このディレクトリは5世代まで?保持されますが、インスタンスのディスク容量を圧迫するので、やむを得ず消さなければならない場合があります。
しかし、無闇に削除すると次回以降のデプロイが以下のようなエラーで失敗するようになります。

No such file or directory - /opt/codedeploy-agent/deployment-root/[デプロイグループID]/[デプロイID]/deployment-archive/appspec.yml

これは、codedeploy-agentが直前のリビジョン(デプロイID)を探すためですが、前回のデプロイ情報は

/opt/codedeploy-agent/deployment-root/deployment-instructions/

以下に格納されているので、このディレクトリ以下にあるファイル(デプロイグループIDがファイル名の頭についています)を全て削除してデプロイすれば、新規デプロイと同様の挙動になります。

nysalor
Rubyで仕事しています。宗派はEmacs教矢印キー派です。
http://blog.larus.jp/
r-n-i
二つのアプリ・サービス、CODE、Mycomment を開発・運営しています。ユーザーに対してはポイントが貯まる家計簿・ポイントが貯まる調査アンケートを提供し、顧客企業に対してはインターネットを活用したマーケティングリサーチ、販売促進プロモーションを提供しています。
https://r-n-i.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away