Help us understand the problem. What is going on with this article?

シェル上で🍣🍣(Unicode絵文字)を表示させる

More than 1 year has passed since last update.

フォントインストール

普段使ってるシェル環境に?などのUnicode絵文字を貼り付けてみてください。
普通に表示されるようならこの工程は不要です。

SymbolaNotoFontsなどの絵文字を表示可能なフォント1が各リンク先にありますので、
それをインストールしてやります。

ttfインストール(Ubuntu)
mkdir ~/.fonts && cd ~/.fonts
wget http://users.teilar.gr/~g1951d/Symbola.zip
unzip Symbola.zip && rm Symbola.zip

次に、ターミナルエミュレータを開き、
用いるフォントを(この場合Symbolaに)変更すれば大丈夫です。
https://thomashunter.name/blog/enable-emoji-fonts-on-debian-ubuntu-mint-linux/

Unicode絵文字を入力

Unicodeを用いる

http://www.fileformat.info/info/emoji/list.htm
まず上のサイトなどで、表示したいEmoji(Unicode絵文字)を探して、
右に書いてあるU+1F479(japanese_ogre:なまはげ)などのコードを覚えます

Screenshot from 2014-09-18 02:20:25.png

Screenshot from 2014-09-18 02:25:45.png

Screenshot from 2014-09-18 02:26:02.png

そして、そのコードのU+部を\Uとして、echo -e ""の中に放り込んでやれば
どうやらシェル上で表示されるようです。

なまはげ?と天狗?を表示
echo -e "\U1f479 \U1f47a"

弄っていると\uはその後4桁、\Uはその後5桁について認識するようです。
今回の絵文字たちは5桁のUnicodeになるので大文字の\Uを用いました。

mozcを用いる

更に簡単な入力方法としてIMEのMozcを用いるというのがあります。

プロパティを開いて、Unicode 6 絵文字変換のチェックボックスをオンにしてやるだけで、
すし→?のような変換が出来るようになります。

Screenshot from 2014-09-18 01:57:27.png

Screenshot from 2014-09-18 01:57:54.png

http://mlny.info/2013/09/mozc-unicode/

その他

他の表示のさせ方は
http://stackoverflow.com/questions/602912/how-do-you-echo-a-4-digit-unicode-character-in-bash
を参照してください。

vim上やシェル上でUnicodeを直接打ち込む入力もできますが、
?など5桁のUnicodeについては不明だったので省略しました。

nyango
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした