Edited at

arduinoが取得するアナログ値を電圧(V)に変換する

More than 1 year has passed since last update.

2017/8/28にコードを修正しました。

arduinoのアナログ入力は10ビットの分解能です.

0Vから5Vの電圧は,0から1023の値で表現されます.

void setup()

{
 Serial.begin( 9600 );
}
void loop()
{
 int input_value = analogRead(0);
Serial.println(input_value);
delay(100);
}

A0番ピンにアナログ信号を入力し,シリアルモニタで表示してみます.

この入力値を電圧として使いたい場合があるかと思います.

電圧値を算出するには,取得10ビット値×最大電圧/1024にて計算出来ます.

10ビット値の値が,586である場合

586×5V/1024 = 2.86V

となります.

void setup()

{
 Serial.begin( 9600 );
}
void loop()
{
 float input_value = analogRead(0);
//電圧に変換
float convert_v = (input_value*5)/1024;
 //10ビット値を出力
Serial.println(input_value);
 //電圧値を出力
Serial.println(convert_v);
delay(100);
}

これで,アナログ信号で取得した値が,何Vなのかがわかります.