SBTで実行可能なjarファイルを作る

  • 48
    Like
  • 5
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

sbt-assemblyが簡単すぎて鼻血が出た話

鼻血は出てないです、スイマセン。

sbtのプロジェクトで実行可能なjarファイルを作る方法です。

sbt-assemblyを使います。

ファイル構成はこんな感じ

tree.text
./
├── build.sbt
├── project
│   ├── plugins.sbt
│   ├── project
│
├── src
│   └── main
       └── scala

plugins.sbtに以下を記述

plugin.sbt
resolvers += Resolver.url("artifactory", url("http://scalasbt.artifactoryonline.com/scalasbt/sbt-plugin-releases"))(Resolver.ivyStylePatterns)

addSbtPlugin("com.eed3si9n" % "sbt-assembly" % "0.8.5")

build.sbtはこんな感じ

build.sbt
import AssemblyKeys._ //一番最初の行に書く

name := "app name"

version := "0.1.0"

scalaVersion := "2.9.1"

libraryDependencies += "org.scalatest" %% "scalatest" % "1.9.1" % "test"

assemblySettings    //これを追加しますん

最後に、sbtのインタープリタから

assembly

と打つだけ。これで実行可能なjarファイルがtarget下にできます。

すげえ、簡単すぎて泣ける。

sbtはいいなぁ・・・

リンク
sbt-assembly
sbtで実行可能なJarを生成する方法(sbt-assembly)