Subversion
httpd
LDAP

Apache2経由でSVNアクセス時にLDAPで認証し、認証済みユーザとして任意のLDAP属性をSVNに渡す

More than 5 years have passed since last update.

環境

  • CentOS 6.4
  • Subversion 1.6.11
  • Apache2 2.2.15 (2.2.3以下では、AuthLDAPRemoteUserAttribute ディレクティブ未実装)
  • OpenDJ 2.6.0
  • Oracle JDK 1.7.25

概要

  • mod_authnz_ldapを使用
  • LDAPに存在するユーザでBASIC認証を実施
  • SVNから送るコミットメールに乗せるコミットユーザ名をいい感じにする 具体的には、ApacheのREMOTE_USER環境変数を任意のLDAP属性にする

関連文献

Apache Module mod_authnz_ldap
http://httpd.apache.org/docs/2.2/mod/mod_authnz_ldap.html#authldapremoteuserattribute

事前準備

ミドルウェアセットアップ

httpdとsubversionのインストール
yum -y install httpd subversion mod_dav_svn

javaの導入は下記に譲って省略。
http://java.com/ja/download/help/index_installing.xml

OpenDJの導入も本稿の本意ではないので省略。
以降の記述に関わる部分は、
* ベース DN: dc=nt67,dc=org
* セットアップディレクトリは /opt/opendj/

OpenDJの設定内容
/opt/opendj# /opt/opendj/bin/status


>>>> OpenDJ LDAP 接続パラメータを指定します

管理者ユーザーのバインド DN [cn=Directory Manager]: cn=admin

ユーザー 'cn=admin' のパスワード: 

          --- サーバーの状態 ---
サーバーの稼動状態:   起動中
開いている接続数:    1

          --- サーバーの詳細 ---
ホスト名:        ldap.nt67
管理ユーザー:      cn=admin
インストールパス:    /opt/opendj
バージョン:       OpenDJ 2.6.0
Java のバージョン: 1.7.0_25
管理コネクタ:      ポート 5444 (LDAPS)

          --- 接続ハンドラ ---
アドレス:ポート     : プロトコル : 状態
-------------:-------:---
--           : LDIF  : 無効
0.0.0.0:161  : SNMP  : 無効
0.0.0.0:636  : LDAPS : 無効
0.0.0.0:1389 : LDAP  : 有効
0.0.0.0:1689 : JMX   : 無効
0.0.0.0:8080 : HTTP  : 無効

          --- データソース ---
ベース DN:    dc=nt67,dc=org
バックエンド ID: userRoot
エントリ:      1
レプリケーション:  

LDAPのエントリ情報

LDAPのディレクトリ設定情報

entry.ldif
dn: dc=nt67,dc=org
objectClass: dcObject
objectClass: organization
dc: nt67
o: nt67.org

dn: ou=User,dc=nt67,dc=org
objectClass: organizationalUnit
ou: User

dn: cn=user001,ou=User,dc=nt67,dc=org
objectClass: person
objectClass: inetOrgPerson
cn: user001
sn: user001_sn
userPassword: user001
mail: user001@nt67.org

dn: cn=user002,ou=User,dc=nt67,dc=org
objectClass: person
objectClass: inetOrgPerson
cn: user002
sn: user002_sn
userPassword: user002
mail: user002@nt67.org

dn: cn=user003,ou=User,dc=nt67,dc=org
objectClass: person
objectClass: inetOrgPerson
cn: user003
sn: user003_sn
userPassword: user003
mail: user003@nt67.org

SVN設定

/etc/httpd/conf.d/subversion.conf
<Location /repos>
   DAV svn
   SVNParentPath /var/www/svn

   AuthType Basic
   AuthBasicProvider ldap 
   AuthzLDAPAuthoritative off
   # 認証済みユーザ名として mail属性を設定する
   AuthLDAPRemoteUserAttribute mail
   AuthName "Auth for nt67.org"
   # 認証用文字列として cn を、あわせてmail属性を引っ張ってくる。
   AuthLDAPUrl ldap://ldap.nt67:1389/ou=User,dc=nt67,dc=org?cn,mail
   Require valid-user
</Location>

結果

コミットするときの認証として、cn属性のユーザ名を使う。
コミットログには mail 属性が設定される。

commit
svn commit -m "first commit" --username user001 --password user001

svn log
------------------------------------------------------------------------
r1 | user001@nt67.org | 2013-08-17 23:09:13 -0700 (土, 17  8月 2013) | 1 line

first commit
------------------------------------------------------------------------