Posted at

デュアルブートのすすめ[実践編]


はじめに

前回、デュアルブートのすすめ[概要編]を書きました。

前回は概要編で、「デュアルブートとは?」「なんでデュアルブートを選んだの?」みたいなことを書きました。

今回は実践編で、「実際にこの手順でやります!」ってのを書いていきます。


前提条件


  • win10が入っているPC一式(ここでは主に1つのストレージしかないPCを対象にします)

  • (8GB以上の)USBメモリ(Ubuntuのインストール用)

    ※ブート専用USBにするため他のデータはあらかじめ移しておく(作成前にフォーマット(初期化)します)
    ※インストール終わったらUSBをフォーマット(初期化)してもOKです。

  • ネットワーク環境(Ubuntuのインストール用)


デュアルブートの流れ

前回も書きましたが、ここでもまとめておきます。


  1. ブートUSBメモリの作成
    USBにubuntuのデータを入れ、デュアルブート用のデータを作成する

  2. ストレージ(ROM)のパーティション分割
    PCには現在Windowsのデータしか確保されていない(実際は回復パーティション等もあるが)ので、Ubuntuのデータを入れる領域を確保する

  3. 指定領域にUbuntuをインストール
    確保した領域にUbuntuをインストールする

この流れで、デュアルブートを行っていきます!


1. ブートUSBメモリの作成

ここでは、デュアルブート用のデータを作成します。

Ubuntuのイメージここでの作業を細分化すると、以下のようになります。

1. Ubuntuのイメージファイルをインストールする。

2. USBメモリをフォーマット(初期化)する。

3. USBメモリにUbuntuイメージファイルをフラッシュ(書き込み)する。

こんな感じで進めていきます。ファイルをインストールする。


  1. Ubuntuのイメージファイルをインストールする。

Ubuntuのイメージファイルをここからインストールし、保存します。


バージョン番号の後についているLTSというのは、Long-term support(長期サポート版)のことなので、


基本このLTSとついたものをインストールすればOKです。(↓参照)


Ubuntu japanese team

1-1.1.PNG


  1. USBメモリをフォーマット(初期化)する。

下図のように、USBメモリのとこで右クリックしてフォーマット(初期化)します。

1-2.1.PNG

1-2.2.PNG

1-2.3.PNG


  1. USBメモリにubuntuイメージファイルをフラッシュ(書き込み)する。

ここでは、Etcharというソフトを用いてUSBにubuntuイメージをフラッシュ(書き込み)ます。

ということで、Etcharをここからインストールしましょう。

(ここではInstallerの方をインストール)

1-3.1.PNG

1-3.2.PNG

インストーラを実行し、デフォルト設定のままどんどん進めていけばOKです。

インストールが完了し、開くとこんなかんじの画面が出ていると思います。


1-3.3.PNG

Select imageをクリックし、1.でインストールしたubuntuのイメージファイルを選択。

フラッシュ(書き込み)するUSBメモリが正しいか確認し、よければFlash!をクリック

これで、5分くらい(?)たてばフラッシュ(書き込み)完了するはずです。


2. ストレージ(ROM)のパーティション分割

ここでは、Ubuntuを入れるための領域を確保します。


Windows10で"ディスクンの管理"と検索し、出てきたものをクリックすると、以下の画面が出てくると思います。

2-1.1.PNG

2-1.2.PNG

ここで、C:のパーティションを右クリックし、ボリュームの縮小を選択します。

2-1.3.PNG

そして、ここでUbuntuの領域の大きさを入力します。


僕は80GBくらいにしました(ここは人によって変えてください~)

2-1.4.PNG

これで、ストレージのパーティション分割が完了するはずです。


3. 指定領域にUbuntuをインストール

ここでは、2で準備したUbuntu用の領域に1で準備したUbuntuをインストールしていきまーす。


ここでの作業を細分化すると、以下のようになります。

1. PCをシャットダウンする。

2. Ubuntuのイメージファイルが入ったUSBメモリをPCにさし、BIOSを起動し設定を変更する。

3. Ubuntuをインストールする。

こんな感じで進めていきます。


  1. PCをシャットダウンする。


そのままです(笑)


一旦PCをシャットダウンしてください


  1. Ubuntuのイメージファイルが入ったUSBメモリをPCにさし、BIOSを起動し設定を変更する。


BIOSとはってことでググると、


パソコンに接続された周辺機器を制御するためのソフトウェア。


OSやアプリケーションに対し、周辺機器へのデータの入出力の手段を提供している。


通常、BIOSはマザーボードや拡張カード上のROMに書き込まれているものを指すが、OSが提供するデバイスドライバーを指すこともある。


ってなかんじです。


このままUSBメモリをさして電源を入れても、USBメモリの中身は起動できません。


なぜなら、BIOS上の設定で今はPC内のシステムを最優先に起動することになっているからです。


ここでは、USBメモリの中身を起動できるようにBIOSの設定を変えてあげます。

まずBIOSを起動します。


"F2キー"または"delキー"を押しながらPCの電源をつけると、ほとんどのPCではBIOS画面が起動するはずです。


ほとんどのPCと書いたのは、実際にはメーカーによって違うからです。


↓にメーカーごとのBIOS起動キーがまとまってるサイトを貼っときます。


https://freesoft.tvbok.com/tips/peripherals/bios_boot_fn-key_list.html


また、こんな感じでPCの起動時に一瞬BIOS起動のキーが表示してくれるはずなので(ほんとに一瞬)、それみるといいかもしれないです。


↓のように、僕のPCではF1またはdelキーがBIOS起動のキーです。


3-2.1.JPG

次に、BIOSの設定を変更します。


※ここでは基本キーボードのみで操作します。


まず、Boot Optionの部分に移動します。


現在このようなBoot Optionになっています。


3-2.2.JPG

Boot Option #1を選択し、USBメモリを選択します。


3-2.3.JPG

3-2.4.JPG

この設定をSaveし、Exitします。


  1. Ubuntuをインストールする。


BIOSの設定を変更したら、reboot(再起動)します。


すると、こんなかんじでUbuntuのインストール画面が出てくるはずです。

その他の場所にインストールを選択し、先程確保した領域に以下の設定を適用します。

サイズ
利用方法
マウントポイント

先ほど確保したサイズのまま
ext4
/

そして、Ubuntuインストールを実行すれば、無事デュアルブートが完了するはずです!


まとめ

この記事では、


実際にWindows10PCにUbuntu18.04をデュアルブートする方法を書いてきました。


もしこの方法でできなかったら気軽にtwitterか↓のコメント欄で質問してきてください。

twitterでは僕のものづくり活動を適当に発信しているので、よければフォローして見てってください!!


参考サイト