LaTeX
R

TinyTeXを使って10分で(R向けの)LaTeX環境を整える

TinyTeXはTeX LiveベースのLaTeXディストリビューションで、必要最小限の機能に絞ってインストールするので通常3時間くらいかかる1LaTeXのインストールが10分くらいで終わる。

そして何よりRと相性が良い。というかRで完結するので、Rのパッケージくらいの気持ちでLaTeXを扱える。そして私はR以外でLaTeXを使うつもりがないので、この記事でR以外の話はしない。


インストール(Rユーザー向け)

Rで以下の2行を実行するだけ。超簡単。

install.packages(c('tinytex', 'rmarkdown'))

tinytex::install_tinytex()

R以外のユーザー向けにコマンドラインからのインストール方法もあるらしいけど試してないので詳しくは本家Webサイトで確認を。


R Markdownで日本語を使う

おそらくTinyTeXのインストールで6分くらい使ったと思うので、まだ4分くらい残ってるはずだ。残りの時間を日本語の設定にあてよう。

日本語はそのままでは通らないけど、フォントのインストールと少しの設定で使えるようになる。

--- 

site: bookdown::bookdown_site
output:
bookdown::pdf_book:
latex_engine: xelatex
pandoc_args: --top-level-division=chapter
documentclass: bxjsbook
classoption: xelatex,ja=standard
geometry: no
---

あとはビルドするだけ。


ハマったところ


! Package fontspec Error: The font "ipaexm" cannot be found.

ipaexmを探しに行ってしまうが、実際にはipaexをインストールする必要がある。Rのコンソールで以下を実行し、手動でインストールする。

tinytex::tlmgr_install("ipaex")


! LaTeX Error: Option clash for package geometry.

geometryを重複して読み込んでいるのが原因らしい。pandocの--templete引数以下に書いてある場所にあるファイルを開いて、geometry読み込み部分をコメントアウトする。

$if(geometry)$

%\usepackage[$for(geometry)$$geometry$$sep$,$endfor$]{geometry}
$endif$





  1. 最近LaTeXインストールした記憶が無いので実際どれくらいかかるのかは知らない…