search
LoginSignup
140

More than 5 years have passed since last update.

Organization

Rails 4 でバリデータを自作する(custom validator)

Rails 4 でカスタムバリデータを作成する方法です。以下のページを参考にしています。

1. app ディレクトリ内に validators というディレクトリを作成します

$ cd <RAILS_ROOT>
$ mkdir app/validators

2. カスタムバリデータを作成し、app/validators ディレクトリに保存します

Ruby on Rails Guides が参考になります。
今回は Email 用のバリデータ(EmailValidator)を作成します。

app/validators/email_validator.rb
class EmailValidator < ActiveModel::EachValidator
  def validate_each(record, attribute, value)
    unless value =~ /\A([^@\s]+)@((?:[-a-z0-9]+\.)+[a-z]{2,})\z/i
      record.errors[attribute] << (options[:message] || "is not an email")
    end
  end
end

3. カスタムバリデータを有効にするため config/application.rb を修正します

config/application.rb の config.autoload_paths にカスタムバリデータを置いてあるディレクトリパスを追加すると、カスタムバリデータが必要な時に自動的に読み込まれるようになります。

config/application.rb
# ...
module Core
  class Application < Rails::Application
    # ...

    # add custom validators path
    config.autoload_paths += Dir["#{config.root}/app/validators"]

    # ...
 end
end

4. バリデータを利用したい Model でカスタムバリデータを有効にします

app/models/user.rb
class User < ActiveRecord::Base
  # ...
  validates :email, email: true # <- カスタムバリデータ(EmailValidator)
  # ...
end

validates で email: true を指定することで、先ほど作成した EmailValidator の validate_each が呼ばれます。

参考 URL

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
140