Help us understand the problem. What is going on with this article?

複数の Mac で Google 日本語入力のユーザー辞書を共有する方法

Google 日本語入力のインストールや初期設定の方法については「 Mac に Google 日本語入力を導入して設定する手順 」に書いておきましたが、

複数の PC 間で Google 日本語入力の『 ユーザー辞書 』を共有し、同期させて使うには、ちょっとした工夫が必要です。

まぁ、結論から言ってしまえば、ユーザー辞書のデータが保存されているディレクトリを、Dropbox などのオンラインストレージを用いて共有するだけ なんですけどね。

Mac の場合、そのディレクトリとは、次の場所にある JapaneseInput です。

% ls ~/Library/Application\ Support/Google
Chrome/ JapaneseInput/ RLZ/

厳密には「 ユーザー辞書のデータが保存されているディレクトリ 」というか、その他の Google 日本語入力に関するデータファイルも一緒に置かれているディレクトリのようですが、

これを、Dropbox に移動させ、元の場所にはシンボリックリンクを作成しておく ことで、ディレクトリの実体は移動されていても、構成としては何も変わっていないように見せかけます。

具体的には、以下のようなコマンドになるのではないでしょうか。

% mv ~/Library/Application\ Support/Google/JapaneseInput ~/Dropbox
% ls ~/Library/Application\ Support/Google
Chrome/ RLZ/
% ln -s ~/Dropbox/JapaneseInput ~/Library/Application\ Support/Google
% ls ~/Library/Application\ Support/Google
Chrome/ JapaneseInput@ RLZ/

これで、ユーザー辞書を共有する準備は完了です。

次に、Dropbox でディレクトリを共有済みの、別の Mac でも、同じようにシンボリックリンクを作成して、共有されているデータを使用するように変更しましょう。

% mv ~/Library/Application\ Support/Google/JapaneseInput ~/Library/Application\ Support/Google/JapaneseInput.bak
% ln -s ~/Dropbox/JapaneseInput ~/Library/Application\ Support/Google
% ls ~/Library/Application\ Support/Google
Chrome/ JapaneseInput@ JapaneseInput.bak/ RLZ/

こちらに元からあった JapaneseInput ディレクトリは、別に削除しても良かったのですが、一応、名前を変えて残しておきました。

後で、もし Windows でも同じユーザー辞書を共有するようなことがあれば、また追記します。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした