Edited at

Let's Encrypt (Certbot) に登録したメールアドレスを確認する方法と変更する方法


はじめに

数ヶ月前に新しいメールアドレスを取得し、そのメールアドレスをメインにしました。頻繁に利用するサービスでは一通りメールアドレスの変更を行ったのですが、Let's Encrypt で最初に登録したメールアドレスを変更するのを忘れていました。

今回は Let's Encrypt に登録したメールアドレスを確認する方法と変更する方法について紹介します。


証明書の発行と更新

証明書の発行と更新の方法について知りたい方は、「Nginx+リバースプロキシ環境でWebサーバを停止させずに Let’s Encrypt (Certbot) のSSL証明書を自動更新する」をご覧ください。


TL;DR

# 確認

$ sudo cat /etc/letsencrypt/accounts/acme-v01.api.letsencrypt.org/directory/<hash>/regr.json

# 変更
$ sudo certbot register --update-registration --email <email>

<hash> は以下のコマンドで確認できる。

$ sudo ls /etc/letsencrypt/accounts/acme-v01.api.letsencrypt.org/directory

<email> は新しいメールアドレスを入力する。


確認方法

メールアドレスは、以下の JSON ファイルに記載されています。

/etc/letsencrypt/accounts/acme-v01.api.letsencrypt.org/directory/<hash>/regr.json

<hash> の部分にはランダムなハッシュ値が入ります。ここは人によって違う値なので、ls で確認します。

$ sudo ls /etc/letsencrypt/accounts/acme-v01.api.letsencrypt.org/directory

表示されたハッシュ値を先ほどのパスに当てはめて、JSON ファイルの中身を見ます。

$ sudo cat /etc/letsencrypt/accounts/acme-v01.api.letsencrypt.org/directory/<hash>/regr.json

"body" の中の "contact" に記載されているのが、現在登録されているメールアドレスです。


変更方法

変更するのはとても簡単です。以下のコマンドを実行するだけです。

$ sudo certbot register --update-registration --email <email>

<email> の箇所には新しいメールアドレスを入力します。

途中で確認のメッセージが表示されるので、同意するために Y を押したあと、エンターキーを押します。

正しくメールアドレスが変更されると以下のようなメッセージが表示されます。

IMPORTANT NOTES:

- Your e-mail address was updated to <email>

また、メールアドレスを変更するとすぐにメールが届きます。これでメールアドレスが正しく変更されていることがわかります。お疲れさまでした。


さいごに

実はメールアドレスの変更を忘れてしまったことによって、証明書の有効期限を切らせてしまいました。今まではメール通知が来ていたので気づけたのですが、通知を受け取れなくなった途端に更新を忘れてしまったので、みなさんも気をつけましょう。


参考サイト