Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSCLIのログイン

More than 1 year has passed since last update.

案件でdockerを使ってる時のお話です。

新人エンジニア、未経験エンジニアとして入って
AWS CLIでログインしてimage取れるようにしてとか言われてもよくわかりませんよね。

質問しても、調べれば出てくるよ(そう言われればそうなんですが)。と言われ以降質問しずらくなる。よくある光景です。

さてそんな人たちのために(お前しかいねえよ)
AWSCLIでimageを取ってこれるようなコマンドを簡単にまとめました。

まずはprofileを作成します。一応profile名はなくてもいいオプションになってはいるんですが、案件一つなんて個人でやってないかぎりはありえないと思うので、案件ごとにprofileを作ったほうが便利です。

ターミナル
$ aws configure --profile profile名

AWS Access Key ID [None]: 
AWS Secret Access Key [None]: 
Default region name [None]: 
Default output format [None]: json

それが終わったら以下のコマンドを打ちます。

ターミナル
$ $(aws ecr get-login --no-include-email --profile profile名)

※コメントでご指摘頂きまして、「$()」をで囲むとログインまで自動で行ってくれます!
そうすると、ズラ~っとターミナルに文字が出てきます。
それを全部コピって再度ターミナルでエンターを押します。

そうするとawsからimageをpull出来るようになります。

おまけ

rootディレクトリで

ターミナル
$ cat .aws/config #登録されているprofile一覧
$ cat .aws/credentials #登録されているprofileのaccesskeyやsecretkeyが見れる

/username/.aws
にconfigとcredentialsが存在しているので直接書き換えることも可能。

参照
profile作成
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/cli-chap-getting-started.html
awsgetlogin
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonECR/latest/userguide/ECR_AWSCLI.html

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away