Posted at

Dlib README.md の和訳

Dlibのユーザーの皆さんの利便性を向上するため、以下のドキュメントの和訳を作成した。

https://github.com/davisking/dlib/blob/master/README.md



dlib C++ library

Dlibは、実社会の問題を解決するためにC ++で複雑なソフトウェアを作成するのに利用する機械学習アルゴリズムとツールを含む最新のC ++ツールキットです。 メインのプロジェクトドキュメントとAPIリファレンスについては[http://dlib.net](http://dlib.net)を参照してください。


Compiling dlib C++ example programs

examplesフォルダに移動して、次のように入力します。

mkdir build; cd build; cmake .. ; cmake --build .

これですべての例題がビルドできます。AVX命令をサポートするCPUを持っているならば、次のように有効化してください。

mkdir build; cd build; cmake .. -DUSE_AVX_INSTRUCTIONS=1; cmake --build .

そうすることでいくつかのことが速くなります。

最後に、Visual Studioユーザーは通常すべてを64ビットモードで実行する必要があります。 デフォルトでは、Visual Studioはその出力とそれ自身の実行の両方で32ビットです。したがって、64ビットを使用するように明示的に指示する必要があります。 もう1990年代ではないので、おそらく64ビットを使いたいでしょう。 次のようにcmakeの呼び出しすことで64ビットの設定になります。

cmake .. -G "Visual Studio 14 2015 Win64" -T host=x64


Compiling your own C++ programs that use dlib

examplesフォルダには[CMakeチュートリアル](https://github.com/davisking/dlib/blob/master/examples/CMakeLists.txt)があり、何をすればよいのかがわかります。 [dlib Webサイト](http://dlib.net/compile.html)にも追加の説明があります。


Compiling dlib Python API

Pythonのサンプルプログラムを実行する前に、dlibをコンパイルする必要があります。 次のように打ち込みます。

python setup.py install


Running the unit test suite

次のように入力して、dlib単体テストスイートをコンパイルして実行します。

cd dlib/test

mkdir build
cd build
cmake ..
cmake --build . --config Release
./dtest --runall

Windowsでは、コンパイラがテスト実行ファイルを Releaseというサブフォルダに入れるかもしれないことに注意してください。 その場合は、テストを実行する前にそのフォルダに移動する必要があります。

このライブラリはBoost Software Licenseの下でライセンスされています。これは[dlib / LICENSE.txt](https://github.com/davisking/dlib/blob/master/dlib/LICENSE.txt)にあります。 ライセンスの長短は、クローズドソースの商用ソフトウェアであっても、あなたが好きなようにdlibを使用できるということです。


dlib sponsors

この研究は、契約番号2014-14071600010の下で国家情報長官室(ODNI)、インテリジェンス高等研究プロジェクト活動(IARPA)によって支援された研究に一部基づいています。 ここに含まれている見解および結論は著者のものであり、ODNI、IARPA、または米国政府の公式の方針または表明または黙示の支持を必ずしも表すものとして解釈されるべきではありません。