Help us understand the problem. What is going on with this article?

自称SeleniumBuilder使いの私が、SeleniumIDEで同じ事が出来ないか調べてみた

More than 1 year has passed since last update.

SeleniumBuilderがFirefox48系に淘汰されたため、これを機会にIDEに乗り換えることにしました。
とはいえ、既存のシステムを改修する必要があるため、色々と問題になりそうな部分を調査してみます。

今回のテーマはこちら

  • フレームの切り替え
  • ウィンドウ(タブ含む)の切り替え

たぶん沼だと思います。

前提条件

フロントをFrameで作るな!
と言いたい所ですが、これは出来ないものとしてください…

調査環境

  • Firefox46.0.1
  • SeleniumIDE2.1.1.1-signed
  • SeleniumBuilder2.3.5

本題:フレーム

ログインしてその先のフレームページのリンクをクリックして
フレームのレイアウトイメージとしてはこんな感じ

  • (root)
    • main
      • nav
      • contains

思わず画面ごと叩き割りたくなりますが、ここはぐっと堪えます。
こういうレイアウトの画面に対してSeleniumIDEからアプローチします。

(作るのが面倒だったので某サイトさまのページレイアウトをローカルに作成して使用しています)

Selenium IDE

ide.png

Selenium Builder

builder.png

本題:ウィンドウ

では、同じようにウィンドウを使ってみましょう。

Selenium IDE

色々やってうまくいかなかったので、秘伝のタレをいただきました!
もぎゃろぐ さま

windowide.png

Selenium Builder

コツはswitchToWindowByIndex。ウィンドウの変更ではうまく出来ません(名前がないため)
windowbuilder.png

とりあえずこれで行けるっちゃ行けます。
たぶん秘伝のタレをいい感じに使えばBuilderでも使えるんじゃないでしょうか。
(需要があるかどうかは別として)

とはいえ、フレームやウィンドウの処理はホント魔窟です…
可能ならdivなりsectionなりで組み替えて欲しいです…

補足

ビデンスを取得するという意味では、これらの方法では結構怪しいです。
試しに取れるのか検証してみました。
(面倒なのでこれまたコンテンツ丸コピしちゃってます。画面が見えるとアレなのでなんとなく雰囲気を感じ取ってください)

frame

Selenium IDE

キャプチャソースです。
captIDE.png

outframe
outframe.png

inframe
inframe.png

何となく分かりますかね?
outframeの外側がinframeに見つからないのを雰囲気で感じてもらえれば。

Selenium Builder

こちらはどのパターンでもIDEのoutframeと同じ結果を返します。

captBuilder.png

window

Selenium IDE

秘伝のタレの味が強すぎたようです。ちょっとエビデンスとして使用するのは辛いレベル。
黒塗りは私がやったのではありません。

bokashi.png

Selenium Builder

想定していた結果はこちら。
背景黒にならず、きちんと取れている事を確認します(ボカシてるので確認も何もないですが)

outframe.png

まとめ

エビデンス取得を考慮する場合(というか大半?)は吟味したほうがいいです。
場合によっては外から画面キャプチャ撮るぐらいの方がいいかもしれませんね。

→書きました。
SeleniumIDE・Builderのイケてないキャプチャ機能を改修する

読了後いいね!をお願いします。

どれだけの方に読んでもらっているか知りたいので、お手数をおかけしますがご協力いただけると嬉しいです。

nomurasan
ノンプログラマーがシステムを作るには?を本気で考える元業務系Webアプリ屋系セキュリティデータサイエンティスト。 そろそろオートメーション・API(で)クリエイターになりたいおとしごろ。 https://www.slideshare.net/ssusered50fb 記事等は配属先やクライアント等の意見ではなく個人の考察によるものです。 一応念のため書いておきますが、無断での転載厳禁。
https://www.wantedly.com/users/18437113
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away