LoginSignup
4

More than 5 years have passed since last update.

Raspberry pi 2BでAmazon Alexaを動かしてみた

Last updated at Posted at 2017-10-21

Raspberry Pi 2Bを使ってAmazon Alexaを動かした際の備忘録

今回使ったもの

  • Raspberry pi 2B (Debian Jessie、SDは8GB)
  • USBマイク UMF01 ¥1200円くらい
  • スピーカーはHDMIから出力

作業手順

参考:https://github.com/alexa/alexa-avs-sample-app/wiki/Raspberry-Pi
上記サイトに記載の通り以下のステップで構築作業

1:Raspberry piの設定

  ・https://github.com/alexa/alexa-avs-sample-app/wiki/Setting-up-the-Raspberry-Pi

2:AmazonのAmazon developer accountを作成

  ・ developer.amazon.com.

3:デバイス登録とセキュリティプロファイルを生成

  ※このときに生成される以下3つはインストール時に必要なのでメモをしておく
   + ProductID
  + ClientID
  + ClientSecret

4:サンプルアプリの入手

Gitを使ってゲット
cd Desktop
git clone https://github.com/alexa/alexa-avs-sample-app.git
cd ~/Desktop/alexa-avs-sample-app
nano automated_install.sh

最後のコマンドはautomated_install.shをnanoで加工するというものだが、ステップ3でメモしたProductID、ClientID、ClientSecretを書き換える。
※その際、値は””で囲む事

5:インストールスクリプトの実行

スクリプトの実行
. automated_install.sh

あとは30分程度待てば完了

実行

動作させるのには最低2つのターミナルを動かす必要があります。
ハンズフリーで使いたい場合にはもう1つのターミナルを立ち上げます。

Terminal Window:1

サービスの起動
cd /home/pi/Desktop/alexa-avs-sample-app/samples/companionService && npm start

Terminal Window:2

JavaClientの起動
cd /home/pi/Desktop/alexa-avs-sample-app/samples/javaclient && mvn exec:exec

Terminal Window:3(Option) 2つのエージェントがありますがどちらか1つを実行

Sensory

Sensory
cd /home/pi/Desktop/alexa-avs-sample-app/samples/wakeWordAgent/src && ./wakeWordAgent -e sensory

KITT_AI

KITT_AI
cd ~/Desktop/alexa-avs-sample-app/samples wakeWordAgent/src && ./wakeWordAgent -e kitt_ai

感想

  • 手順通りにインストールするだけで特に問題なく動かせることができた。
  • 時間や天気を聞くとシアトルの状況を回答するが設定が足りないのかもしれない。。。
  • スキルの設定についてはまだ良くわからないため、今後の課題とする

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
4