Posted at

CentOS6.6 で td-agent1 から td-agent2 へのバージョンアップを行った際のメモ

More than 1 year has passed since last update.


概要

td-agent1 から td-agent2 へのバージョンアップを行った際のメモです。

実際は td-agent2 をインストール後に configtest を叩いて、設定ファイルを修正しましたが、

可能であれば td-agent2 がインストールされた検証環境などで configtest を叩いていれば、

焦らずに設定ファイルの修正が出来たかなと思います。


環境


  • CentOS 6.6

  • td-agent


    • 変更前: 1.1.11-0.x86_64

    • 変更後: 2.3.6-0.el6




手順



  1. リポジトリ事前確認


    • インストール済みパッケージ が v1 であること

    • 利用可能なパッケージ が v2 であること

    # yum info td-agent
    



  2. td-agent 停止

    # /etc/init.d/td-agent status
    
    # /etc/init.d/td-agent stop
    # ps auxwwf | grep -w [t]d-agent



  3. td-agent v1のアンイストール

    # yum remove td-agent
    



  4. td-agent v2のインストール

    # yum install td-agent
    



  5. td-agent プラグインのインストール

    # /opt/td-agent/embedded/bin/fluent-gem install your-plugins
    



  6. td-agent 起動

    # /etc/init.d/td-agent configtest
    
    # /etc/init.d/td-agent status
    # /etc/init.d/td-agent start
    # ps auxwwf | grep -w [t]d-agent



  7. エラーが出てないか確認

    # less /var/log/td-agent/td-agent.log
    



参考記事