search
LoginSignup
10

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

M5StickVのMaixPyにdemoデータを全部入れる

概要

MaixPyのAIのデモで遊ぶとき、Kmodelの学習データをSDカードに入れたり、Firmwareを書きなおしたりするのは大変ですね。
AIのデモファイルを全部M5StickVに書き込みましょう。

学習データ

学習データは、以下のURLから、MaixPy 0.3 demo firmware.zip をダウンロードします

http://dl.sipeed.com/MAIX/MaixPy/release/maixpy_v0.3.0/
→ MaixPy 0.3 demo firmware.zip

解凍すると、
・mnist.kmodel:mnistの学習データ(mnist)
・facedetect.kmodel:顔検出の学習データ(yolov2)
・20class.kmodel:20クラス分類の学習データ(yolov2)
・mbnet75.kmodel:1000クラス分類の学習データ(mobilenet)
デモで使うファイルが全部入っています。

MaixPy の0.3までは、demoデータを全部入ったFirmwareが提供されていたのですね。

kflash-gui

kflash-guiでAdd file を押して、Kmodelを追加していきます。

Flash Partition files
0x000000~0x200000 M5StickV MaixPy firmware(1.4MB)
0x200000~0x280000 mnist.kmodel(0.2MB)
0x280000~0x300000 facedetect.kmodel(0.4MB)
0x300000~0x500000 20class.kmodel(1.2MB)
0x500000~0x800000 mbnet75.kmodel(2.7MB)

MaixPy実行

MaixPyのkpu.loadでアドレスを指定すれば、学習データを切り替えられます。

task = kpu.load(0x200000) //MNIST

task = kpu.load(0x280000) //facedetect

task = kpu.load(0x300000) //20class_detect.

task = kpu.load(0x500000) //1000class_mbnet

最後に

よいM5StickVライフを!

 参考

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
10