Edited at

M5StickVのMaixPyにdemoデータを全部入れる


概要

MaixPyのAIのデモで遊ぶとき、Kmodelの学習データをSDカードに入れたり、Firmwareを書きなおしたりするのは大変ですね。

AIのデモファイルを全部M5StickVに書き込みましょう。


学習データ

学習データは、以下のURLから、MaixPy 0.3 demo firmware.zip をダウンロードします

http://dl.sipeed.com/MAIX/MaixPy/release/maixpy_v0.3.0/

→ MaixPy 0.3 demo firmware.zip

解凍すると、

・mnist.kmodel:mnistの学習データ(mnist)

・facedetect.kmodel:顔検出の学習データ(yolov2)

・20class.kmodel:20クラス分類の学習データ(yolov2)

・mbnet75.kmodel:1000クラス分類の学習データ(mobilenet)

デモで使うファイルが全部入っています。

MaixPy の0.3までは、demoデータを全部入ったFirmwareが提供されていたのですね。


kflash-gui

kflash-guiでAdd file を押して、Kmodelを追加していきます。

Flash Partition
files

0x000000~0x200000
M5StickV MaixPy firmware(1.4MB)

0x200000~0x280000
mnist.kmodel(0.2MB)

0x280000~0x300000
facedetect.kmodel(0.4MB)

0x300000~0x500000
20class.kmodel(1.2MB)

0x500000~0x800000
mbnet75.kmodel(2.7MB)


MaixPy実行

MaixPyのkpu.loadでアドレスを指定すれば、学習データを切り替えられます。

task = kpu.load(0x200000) //MNIST

task = kpu.load(0x280000) //facedetect

task = kpu.load(0x300000) //20class_detect.

task = kpu.load(0x500000) //1000class_mbnet


最後に

よいM5StickVライフを!


 参考

https://bbs.sipeed.com/t/topic/688