search
LoginSignup
3

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

【入門】SourcetreeとGitHubの連携の手順

はじめに

これまで、職場でのバージョン管理はSubversion、自宅でのバージョン管理は適当...でしたが、先日に縁があってSourcetreeを使ったGitHubの利用方法を教わることができました。
そこで、まずはSourcetreeとGitHubを連携させて、自宅でGitHubを使える環境をセットアップしてみました。

この記事は、そのセットアップ作業の備忘録ですが、初心者・入門者の方に何らかの形でお役に立てれば幸いです。

事前準備

  1. GitHubのアカウントを作成します。
    • GitHubのアカウントを先に作っておくと、後の流れがスムーズになります。
    • 2019年現在だと、こちらの記事が参考になるかもしれません。

Sourcetreeのインストール(for Windows)

ダウンロード

  • Sourcetreeのサイトから、Windows版をダウンロードします。
  • [Download for Windows]をクリックした後、ソフトウェアライセンスとプライバシーポリシーに同意すればダウンロードが開始されます。

Install

  • インストーラを起動して、最初の画面でBitbucketのアカウントと紐づけます。

Sourcetree_01.png

  • Bitbucketのアカウントが無い場合は、前の画面で[Create one for free.]をクリックして、Atlassianのアカウントを作ります。
    • アカウントを新規作成する場合は、インストーラの画面からブラウザに遷移します。
    • この時、Googleアカウントなどを使ってAtlassianのアカウントを作ることができます。

Sourcetree_02.png

  • 最後に一意なユーザー名を設定します。
    • 単純な名前だと既に登録されている可能性が高いので、ユーザー名はちょっと工夫する必要があるかもしれません。

Sourcetree_03.png

  • Bitbucektとの紐づけが完了すると、再びインストーラの画面に戻って、Atlassianのアカウント(※墨塗り部分)が表示されます。

Sourcetree_04.png

Registration

  • 次の画面でインストールするツールを選びますが、今回はGitしか使わないため、Mercurialのチェックを外して[次へ]をクリックします。

Sourcetree_05.png

ツールをインストール

  • 「ツールのインストールが完了しました。」のメッセージが出て、インストール作業が終わりかと思いますが、[次へ]を押してさらに進みます。

Sourcetree_06.png

Preference

  • "Preference"の画面は、先程に紐づけたAtlassianのアカウントおよびBitbucketの一意なユーザー名がデフォルトで表示されているため、そのまま何も変更せずに[次へ]をクリックします。

Sourcetree_07.png

GitHubとの紐づけ

  • Sourcetreeを開き、[Remote]画面に入った後、[+アカウントを追加]をクリックします。

Sourcetree_08.png

  • [ホスティングアカウントを設定]画面で、ホスティングサービスをGitHubに設定します。
  • 続けて、[OAuthトークンを再読み込み]をクリックします。

Sourcetree_09.png

  • [OAuthトークンを再読み込み]をクリックすると、SourcetreeからGitHubへのアクセスを許可する画面が表示されるので、[Authorize atlassian]を押して承認します。
    • ここまでの作業で、SourcetreeからGitHubを使うための準備は完了となります。

Sourcetree_10.png

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
3