Shader
Unity5.6

グラデーションのマテリアルを作る

More than 1 year has passed since last update.

2色のグラデーションのマテリアルを作ります。
基本的には背景として使うことを想定していますが、他のものに使っても面白そうです。
作成したグラデーションは色の位置や比率を変えることができます。
back.gif
画像が一部乱れていますが、イメージはこんな感じです。

環境

  • Unity5.6.1f1

始める前に

今回はシェーダーを使用しますが、シェーダーの使い方が分からなくても実装可能です。
ただし、コードの解説は行いませんのでコピペして使用してください。
解説が必要な場合は公式リファレンス等をご覧ください。
https://docs.unity3d.com/jp/540/Manual/SL-Reference.html

準備

まずはシェーダーを作成します。
Project > Create > Shader > Standerd Surface Shaderで作成してください。
今回はGradationという名前にしました。
ダブルクリックしてシェーダーを開き、以下のコードに書き換えてください。

Shader "Gradation/Gradation" {
    Properties{
        _TopColor("Top Color", Color) = (1,1,1,1)
        _ButtomColor("Buttom Color", Color) = (1,1,1,1)
        _TopColorPos("Top Color Pos", Range(0, 1)) = 1 //初期値は1
        _TopColorAmount("Top Color Amount", Range(0, 1)) = 0.5 //初期値は0.5
    }
        SubShader{
            Tags { 
        "RenderType" = "Opaque" 
        "IgnoreProjector" = "True"
        "Queue" = "Transparent"
         }
        ZWrite Off
        Blend SrcAlpha OneMinusSrcAlpha
            LOD 100

            Pass{
            CGPROGRAM

#pragma vertex vert
#pragma fragment frag
#include "UnityCG.cginc"

            fixed4 _TopColor;
            fixed4 _ButtomColor;
            fixed _TopColorPos;
            fixed _TopColorAmount;

            struct appdata {
                half4 vertex : POSITION;
                half2 uv : TEXCOORD0;
            };
            struct v2f {
                half4 vertex : POSITION;
                fixed4 color : COLOR;
                half2 uv : TEXCOORD0;
            };

            v2f vert(appdata v) {
                v2f o;
                UNITY_INITIALIZE_OUTPUT(v2f, o);
                o.vertex = UnityObjectToClipPos(v.vertex);
                o.uv = v.uv;

                return o;
            }
            fixed4 frag(v2f i) : COLOR{
                fixed amount = clamp(abs(_TopColorPos - i.uv.y) + (0.5 - _TopColorAmount), 0, 1);
                i.color = lerp(_TopColor, _ButtomColor, amount);

                return i.color;
            }
            ENDCG
        }
    }
}

これでシェーダーの準備が整いました。
次にProject > Create > Materialで新しいマテリアルを作成します。
今回はGradationMatという名前にしました。
作成したマテリアルをクリックした後、Inspector > Shader > Gradationのシェーダーを適用します。

無題.png

これで準備が完了しました。

使い方

  • ImageやCubeなどに作成したマテリアルをアタッチして使用してください。
  • Top ColorButtom Colorの2色でグラデーションを作成します。
    • Top Color Posの初期値は1で、Top Colorが一番上にある状態です。この値を下げることでTop Colorが下に移動します。
    • Top Color Amountの初期値は0.5で、全体の色のうちTop Colorが占める割合を示しています。
  • また 、スクリプトから値を変更することも可能です。Top Colorを変更する場合、 シェーダーのスクリプトにある_TopColorに値を渡すことで変更できます。 キャプチャ.PNG
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class GradationSc : MonoBehaviour {

    public Material GradaionMat;

    void Start ()
    {
        GradaionMat.SetColor("_TopColor", Color.blue);          
    }
}

上のコードではTop Colorが青色になります。

おまけ(Lightの影響を受けるグラデーション)

上記のシェーダーではライティングなどの影響を受けません。
以下のコードでは影響を受けるようになります。

Shader "Gradation/SurfGradation" {
    Properties {
        _MainTex ("Albedo (RGB)", 2D) = "white" {}
        _TopColor("Top Color", Color) = (1,1,1,1)
        _ButtomColor("Buttom Color", Color) = (1,1,1,1)
        _TopColorPos("Top Color Pos", Range(0, 1)) = 1 //初期値は1
        _TopColorAmount("Top Color Amount", Range(0, 1)) = 0.5 //初期値は0.5
        _Glossiness ("Smoothness", Range(0,1)) = 0.5
        _Metallic ("Metallic", Range(0,1)) = 0.0
    }
    SubShader {
            Tags{
            "RenderType" = "Opaque"
            "IgnoreProjector" = "True"
            "Queue" = "Transparent"
        }
        LOD 200
        ZWrite Off

        CGPROGRAM
        #pragma surface surf Standard alpha:fade
        #pragma target 3.0

        fixed4 _TopColor;
        fixed4 _ButtomColor;
        fixed _TopColorPos;
        fixed _TopColorAmount;
        half _Glossiness;
        half _Metallic;

        struct Input {
            float2 uv_MainTex;
        };

        void surf (Input IN, inout SurfaceOutputStandard o) {
            fixed amount = clamp(abs(_TopColorPos - IN.uv_MainTex.y) + (0.5 - _TopColorAmount), 0, 1);
            fixed4 color = lerp(_TopColor, _ButtomColor, amount);
            o.Albedo = color.rgb;
            o.Alpha = color.a;
            o.Metallic = _Metallic;
            o.Smoothness = _Glossiness;
        }
        ENDCG
    }
    FallBack "Diffuse"
}

(Albedo (RGB)にはTextureをセットすることができますが、このシェーダーでは特に意味はありません。ご注意ください。)

ぜひ、ご活用ください!