Help us understand the problem. What is going on with this article?

Open xINT CTF Writeup

More than 3 years have passed since last update.

Open xINT CTF Writeup

AVTOKYO 2016の会場で行われた、Open xINT CTFに参加してきた。
http://xintctf.wpblog.jp/

SNSで情報収集したり、リアルでターゲットの人物に接触したりと珍しい内容。

終了直前のランキングでは確か700点・7位。
Challenge 6,7を解いた人は誰もいなかった。

Challenge 1

ハッカーが運営しているWebサイトは、http://pinja.xyz だ。
そこからハッカーのメールアドレスを探し、入力せよ。

ページには「闇」の一文字。ソースを見ても何もない。
pinja.xyzをwhoisしたら、ドメイン管理者情報にあった。

flag: yuuki.masaaki@gmail.com

Challenge 2

ハッカーはFacebookのアカウントを持っているようだ。
そのアカウントのアドレスを入手し、入力せよ。
アドレスは https:// を含む形で入力すること。

問1のメアドをFacebookで検索するだけ。

flag: https://www.facebook.com/profile.php?id=100013327635607

Challenge 3

ハッカーのFacebookを見ていると、食事の写真が投稿されている。どうやら誰かと食事をしているようだ。その人物から何か情報を引き出せるかもしれない。
まずは、その写真の飲食店を特定し、飲食店の座標を「Nxx xx xx:Exxx xx xx」の形式で入力せよ。
例. N35°41′35″E135°0′11″の場合、回答は「N35 41 35 E135 0 11」

画像のEXIFにはGPS情報はない。
リアルの投稿ではなくCTFなので、食べログあたりの拾い画かと思って画像検索したがヒットしない。
以降の問題に関係もなさそうなのであきらめ。

追記: 1位のSh1n0g1さんの解法

Challenge 4

どうやらハッカーと一緒に食事をしている人物は、私たちと同じくハッカーを調査しているようだ。その人物のFacebookアカウントを探し、アドレスを入手し、入力せよ。
アドレスは https:// を含む形で入力せよ。

問2のアカウントの友達が10人しかいなかったので、総当たりで入力したらヒット。想定解法じゃないと思う。

flag: https://www.facebook.com/profile.php?id=100013834444055

Challenge 5

Facebookに投稿された情報から推測される人物に接触し、うまく信用させて情報を引き出せ。
その情報を入力せよ。

信用させる、かぁ。とりあえずメッセージでも送ろうと友達申請。すぐ承認された。
すると、友達限定公開の投稿でこんなものが。

スマホで 37584 を見せてね。いいこと教えちゃうちゃう。

なるほどそれなら確実だ。

では人物の特定。会場内にいるはず。
今日の日付の投稿で、チェック柄の布の写真。服装はこれか。
しかし画像が不鮮明だし、似たような服の人は何人もいる。
似た格好でスタッフっぽい人に声をかけてみるが外れ。

名字が高嶺、出身が姉ヶ崎高校。ラブプラスか。
会場を回ってみたが、キャラグッズを身につけてるような人はいない。

この時点で正解者0人。後から参加した人が追いつけるように、まだフロアに出てないとかだろうか。
しばらく講演を聞く。正解者が1人出た。来たか。

ん、誕生日が1965年6月7日。51才。会場は比較的若い人が多かったので、それなら絞り込める。

それらしい人がいた。声を掛ける。正解。
直球で聞いてしまったので、「スパイらしさ」加点はたぶん入ってない。もっとノリ良く演技するべきだったなぁ。

もらったカードに書いてある文字列を入力。

flag: 1D608C94-6285-4326-AE88-27F4E93FE88A

Challenge 6

もらった情報から推測される「モノ」を回収して調査、得られる適切な情報を入力せよ。

問5でもらったカードには、上記の文字列とbluetoothのアイコン。
とりあえずbluetoothデバイスをスキャンしてみる。それらしいデバイスは出てこない。

文字列はフォーマット的にUUIDっぽい。ググっても何もヒットしない。
bluetoothではプロトコルにUUIDが割り当てられているらしい。標準プロトコルのUUIDとは違うので、独自のプロトコル?

通信以前に、「モノ」のありかのヒントが見つからない。あきらめ。

追記: 会場の外に出てMAMORIOで探す問題だったらしい。マジか。

Challenge 7

「モノ」を調査した結果、闇サイト運営者のハッカーの正体が分かる。早速その「モノ」に罠ファイル(リンク貼る)を仕掛けろ。その後、ハッカーに接触して、不審に思われないよう「モノ」を渡せ。
その人物から渡された「ご褒美ワード」を入力せよ。

手つかず。これこそ面白そうなんだけどなぁ。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした