Help us understand the problem. What is going on with this article?

組込み製品向けGitLab運用手順書[CC0ライセンス]

More than 1 year has passed since last update.

GitLab Advent Calendar 2018 - 1日目の記事です。

はじめに

組込み製品向けGitLab運用手順書をCC0ライセンスで公開します

公開するContents

下方に記載したリンクのプロジェクトに置いてありますので、ダウンロードしてご利用ください。

内容一部抜粋


一部抜粋.PNG

ドキュメントの目次

1.  基本方針
1.1.    はじめに
1.2.    ブランチ構成・目的
2.  運用ルール
2.1.    運用ルール詳細
3.  手順
3.1.    概要フロー
3.2.    コマンド操作・GUI操作
3.2.1.  使用ツール
3.2.2.  準備
3.2.3.  開発サイクル中
3.3.    トラブル回避のためのコツ
3.3.1.  Pushする直前には必ずPullする
3.3.2.  履歴の削除・改変(Rebase)を行わない
4.  補足
4.1.    Gitコマンド
4.2.    GitLabでのアクセス管理について
4.2.1.  グループ、サブグループ、プロジェクト、ユーザ
4.2.2.  権限
4.3.    グループごとの初期設定
4.4.    ユーザごとの初期設定
4.5.    設定ファイルの例
4.5.1.  .gitattributes  (for Unity and LFS)
4.5.2.  .gitignore  (for Unity )

テスト済み環境

・GitLab , LFS = GitLab.com [Bronze Plan]
・GUIツール = TortoiseGit version 2.7.0 (OS=Windows)
・コマンド = git version 2.15 (OS=Linux)

ダウンロード

https://gitlab.com/fknaopen/doc_scm_gitlab

現在のところ、pdfと編集可能なMS Wordのファイルのみ作成しています。
( SourceManagementManual_usingGitLab.docx ) 

ご利用に際して

公開、商用利用、改変等、自由に行っていただいて構いません
間違いの修正や、より良い内容への修正変更を歓迎します。

また、運用手順書の記載内容には一部、意見が分かれる話題も扱っています(Rebaseとか・・・)。 ですが、文書の目的の性質上、意見が分かれる話題であっても、どちらかに極端に倒し込んだ内容にしてあります。
読んで違和感がある場合には、所属する組織の文化に合わせて改変することで解決してしまうことをお勧めします。

免責

本手順書のご利用によって生ずるいかなる損害についても責任を負いかねますので、ご了承ください。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away