Posted at

sublime text 2 + kotlin で Hello World

More than 3 years have passed since last update.


Kotlinって何?

JavaじゃないけどJVMで動く言語のようです。

http://qiita.com/koki_cheese/items/bc68a4c765cd1f00c0d9

Java以外でAndroidアプリを作れる言語を探していたところ見つけ興味を持ちました。

比較的新しい言語のようで1.0のリリースが2016/02/15に行われたようです。

https://blog.jetbrains.com/kotlin/2016/02/kotlin-1-0-released-pragmatic-language-for-jvm-and-android/


背景

こちらの記事( http://qiita.com/zonene_ozimasa/items/ca21fcaa79fadc6413e0 )を参考に設定したところ、Sublime Text2では素直に動作しなかったので動作するまでのメモ。


  • Kotlinの挑戦は初めて。

  • Sublime Text2でのBuildは初めて。

  • 環境は、Windows 7 64bit。

  • java -version

java version "1.8.0_25"

Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_25-b18)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.25-b02, mixed mode)


用意するもの


Hello, Kotlin!



  • HelloKotlin.ktのファイル名で保存。

    ※フォルダ問わず。


HelloKotlin.kt

fun main(args : Array<String>) {

println("Hello, Kotlin!")
}


ビルドシステムファイル



  • C:\Users\[username]\AppData\Roaming\Sublime Text 2\Packages\Userに保存。

    ※[Tools]->[Build System]->[New Build System...]を選んで保存するとデフォルトの模様。


Kotlin.sublime-build

{

"cmd": ["C:\\kotlinc\\bin\\kotlinc-jvm.bat", "$file", "-d", "$file_path\\\\$file_base_name.jar"],
"file_regex": "^[ ]*File \"(...*?)\", line ([0-9]*)",
"working_dir": "$file_path",
"selector": "source.Kotlin",
"windows": {
"encoding": "cp932"
},
"variants": [
{
"name": "Run",
"cmd": ["java", "-classpath", "$file_path\\\\$file_base_name.jar;C:\\kotlinc\\lib\\kotlin-runtime.jar", "${file_base_name}Kt"]
}
]
}

3と2の違い



  • shell_cmdは3用とのことで2用にcmdにします。


  • cmd の値は配列の模様。


  • {}[]の最後の値の後に,があるとエラーになります。

Buildする上での注意


  • kotlin-compiler-1.0.0では出力先を指定するオプションは-dの模様。

{

"cmd": [..., "-d", "$file_path\\\\$file_base_name.jar"],


  • [Tools]->[Build System]->[Automatic]でダメな場合は[Kotlin]を選ぶ。

Runする上での注意



  • _DefaultPackageが見つかりませんでした。

    参考にしたサイトでは多々_DefaultPackageを指定しているもののHelloKotlin.ktファイルと同じフォルダ内に生成されたHelloKotlin.jarファイルの拡張子を.zipに変えて中身を確認したところ_DefaultPackage.classではなく、HelloKotlinKt.classが出来ていたため"${file_base_name}Kt"と指定しています。

    "variants": [

{
"name": "Run",
"cmd": [..., "${file_base_name}Kt"]
}
]


ビルドしてラン


  • [Tools]->[Build]が上手く行われると次のような表示が行われます。

[Finished in 3.2s]


  • [Tools]->[Run]が上手く行われると次のような表示が行われます。

Hello, Kotlin!

[Finished in 0.2s]


その他


  • Kotlineを[View]->[Syntax]する上でこちらが便利でした。

    Kotlin.sublime-package

    C:\Program Files\Sublime Text 2\Pristine Packages内に保存。


次のサイトも参考にさせて頂きました