Edited at

VRoidモデルの髪をLeapMotionでさわる


できたもの

Looking Glassを使っていますが,その他の環境でも同じ設定になると思います。

VRoidのモデルの読み込みやLeapMotionのセットアップについては割愛。

VRoidの段階で髪にボーンはついていることとします。


ボーン設定の場所

VRoidのモデルを読み込むと以下の画像のようにsecondaryという場所がある。

そこを開くとVRM Spring Boneというスクリプトがひっついている。

これがおそらくボーンの動きを制御するスクリプト。

この中のCollider Groupに髪と衝突させたいものを追加することで,好きなものを髪に衝突させ物理演算ができる。

スクリーンショット 2019-02-09 16.57.44.png


衝突範囲の設定

衝突させるものには,VRM Spring Bone Collider Groupというスクリプトを引っ付けて,衝突範囲を設定。

リープモーションの場合は,動かす手のモデルのどこかにこれを設定する。

よりリアルにしたい場合は,指一つ一つに設定する。

スクリーンショット 2019-02-09 16.57.31.png

設定したものを先程のVRM Spring Boneの中のCollier Groupsに追加すれば完了。