Edited at
GitDay 7

Git で今いるブランチを簡単に探す


git rev-parse を使う

--abbrev-ref オプションをつけるとブランチ名を表示できます。

$ git rev-parse --abbrev-ref HEAD

master
$

これで今いるブランチが出せます。

HEAD の代わりに @ を使うこともできます。

$ git rev-parse --abbrev-ref @

master
$

正攻法はこれだと思います。rev-parse には他にもオプションありますが、これ以上は触れません。


git branch を使う

rev-parse は覚えられません。しかし、 * がついていてもよければ git branch でもわかります。


オプションなし

普通に git branch でブランチ一覧が見れます。その中から * がついているものを目視すれば見つかります。

$ git branch

develop
* master
$


--contains を使う

特定のコミットが所属するブランチを探す --contains を使えば、「現在のコミットの所属するブランチ」に絞り込むことができるので、今いるブランチが分かります。(ただし、今のコミットを含むブランチが複数あるときはあんまり意味ないです。当たり前ですが。)


HEAD を渡す

$ git branch --contains HEAD

* master
$


何も渡さない

何も渡さないときは HEAD で探してくれるみたいです。

$ git branch --contains

* master
$


なるべく省略する

git のオプションは、被らない範囲まで省略することができます。

git branch --contains の場合には git branch--color--column などがあるので、 --con まで省略可能です。

$ git branch --con

* master
$