はじめに

いつからか、Android Studioでレイアウトのルートタグのデフォルトが、RelativeLayoutからConstraintLayoutに変更されていました。
ConstraintLayoutを軽く調べてみたら、設定可能な属性が多すぎて一回では説明しきれないので、数回に分けて説明していくことに決めました。
この記事では、ConstraintLayoutで設定できる種類とその概要のみについて説明します。そして、以降の記事で詳細な説明をして行く予定です。

ConstraintLaytouとは・・・

下記の公式サイトを見ると。
「ConstraintLayoutとはViewGroupの一種で、Viewのサイズや位置を柔軟に設定できる」だそうです。
↑少し意訳はいってます。

https://developer.android.com/reference/android/support/constraint/ConstraintLayout.html

種類と概要

下記は今後、説明していく種類です。
ConsraintLayoutを使用するために最低限必要となる種類を選定しました。
一部説明しない種類もあります。それは、各自で調べてください。

種類 概要 記事
Relative positioning 相対位置
Viewを配置するときに設定する項目です。イメージとしてはRelativeLayoutが近いです。
ConstraintLayoutのRelative positioningの基本
Margins マージン
言葉のままですが、隣接するViewとのマージン(間隔)を設定する項目です。
ConstraintLayoutのMarginsの基本
Centering positioning and bias 中央揃えと微調整
中央揃えを設定する項目です。更に、中央揃えしたときに少しだけ右や左微調整する項目も存在します。
ConstraintLayoutのCenteringとbiasの基本
Circular positioning 円形配置
隣接するViewを半径〇〇の距離で角度◯度に配置する設定項目です。
-
Dimension constraints 横幅・縦幅の指定
layout_widthやlayout_heightなどの指定する項目です。
-

下記は残念ながら説明しない種類です。
興味ある方は自身で調べてください。
* Visibility behavior
* Chains
* Virtual Helpers objects
* Optimizer

おわりに

各種類の記事が完成したら、記事のリンクを「種類と概要」に追記していきます。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.