Help us understand the problem. What is going on with this article?

rmtrashのすすめ〜誤削除を防止する〜

More than 3 years have passed since last update.

iOSエンジニアに転職して5週目に突入しました。
前職はWindowsのアプリエンジニアでCUIを使う機会はほとんどありませんでしたが、
今はTerminalバリバリ使ってます。

ただ、Mac初心者が気をつけなければならないのはrmコマンドです。
rmコマンドで削除されたファイルは、ゴミ箱ではなく消えてしまいます。
なので、うっかり誤削除してしまっても、もとに戻すことができません・・・

こんなときにも慌てないように、rmtrashをおすすめします。

rmtrashとは

ファイルを削除するのではなく、ゴミ箱に移すコマンドです。

インストール手順

1. homebrewでrmtrashインストール

$ brew install rmtrash

2. aliasの設定

インストールが無事終われば、.bashrcにaliasを設定します。

$ vim ~/.bashrc

aliasを追加して、rmの代わりに使えるようにします。

alias rm='rmtrash'

設定を読み込みます。

$ source ~/.bashrc

動作確認

$ ls
sample.txt
$ rm sample.txt

スクリーンショット 2017-01-31 14.03.08.png

ゴミ箱に移動します。

ディレクトリの削除も可能です。

$ ls rmtrash_test
test.txt
$ rm rmtrash_test

スクリーンショット 2017-01-31 14.06.27.png

参考にした記事

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした