docker
centos7
CentOS7.4

Dockerにおさわりしたときのまとめ。
概念は置いといて、とりあえずコンテナを動かすだけ。

環境

CentOS7.4
AmazonLinux2でも同じでした。

Dockerインスコと起動

sudo yum install -y docker
sudo systemctl enable docker
sudo systemctl start docker
sudo systemctl status docker

イメージ持ってくる

sudo docker pull centos

とりあえずコンテナ起動して落とす

sudo docker run -it centos
  • docker runだけで、-itを付与しないとコンテナを停止状態で作成するのみ
  • 無事コンテナに入れたら、プロンプトが変化する
(プロンプトが変化した状態で) exit
  • コンテナを落としつつコンテナから抜ける

※普段のexitと同じ感覚で使うと死ぬ。

Ctrl + P -> Ctrl + Qでコンテナを落とさずにコンテナから抜ける

いまあるコンテナを確認する

(host側で)sudo docker -ps

起動中のコンテナにもう一回入る

docker attach [起動中コンテナのimageID]


exitで抜けてもコンテナ自体は停止したまま残り続ける。

docker ps -a

で停止中コンテナも含めた確認ができる。


いったんここまで。
Docker-Comporseとかは今度触ります。